2017-11

【本】展覧会をつくる

展覧会をつくる―一枚の絵がここにくるまで展覧会をつくる―一枚の絵がここにくるまで
(2010/10)
足澤 るり子

商品詳細を見る


最近はもっぱらiPodばかりで、すっかりPCを立ち上げなくなってしまいました。
ので本の紹介もすっかりごぶさたになってしまいましたが、ちょいちょい読んではおりましたんですよ。

『展覧会をつくる』はタイトルに惹かれて読みました。
美術展コーディネーターの方のエッセイです。
美術展の企画を立てたり、美術品の貸与に関する契約などをネゴシエートするお仕事、でいいのかな。
丁寧な文章で淡々と書かれていますが、そのご苦労ぶりと仕事に対する強い責任感、そしてそれと同じ強さの仕事に対する誇りが行間からにじみ出ています。
そして美術へのあふれる愛情も。
わが身を振り返ると恥じ入るばかりです・・・。

後半には、著者のお母様との思い出が綴られておりました。
私にも老いた母がおりますので、読んでいてちょっと感傷的になったり・・・。

真摯で静か。
だけど何かが確かに残る。
そんな本でした。



スポンサーサイト

ヤメピがスキ!


バムとケロのもりのこやバムとケロのもりのこや
(2011/01)
島田 ゆか

商品詳細を見る


何年ぶりの新刊ですかね。
なんだか作者の方ご病気だったって話も聞いていたのですが、快復されたのかな?
なんにせよ新しい本が発売になって嬉しいっす!
まだ現物見てないけど、近日中にゲットしてくる。
緑色の小悪魔、ケロちゃんは健在でしょうかね~(笑)
でも小悪魔じゃなきゃケロちゃんじゃない!


永遠の詩08 八木重吉


永遠の詩(8) 八木重吉永遠の詩(8) 八木重吉
(2010/05/25)
八木 重吉井川 博年

商品詳細を見る


こっちはW杯開催前に読んだ八木重吉の詩集。
難しい言葉はまったくないのに、新鮮でとても瑞々しい。
読んでいるとなんだか綺麗な水を体に入れているような気になります。

たとえば

おおぞらを
びんびんと ひびいていこう
(「ひびいていこう」)


とかね。
なぜここで「びんびん」なのか。
でも不思議と違和感はない。
この独特な言葉選びのセンスは、その過酷な人生の道程を生き抜く中で、刃を研ぐように薄く鋭く感受性を澄ませていったからなのでしょうか。


ガラゴも立体化すればいい


図書館で借りた下の2冊が激☆可愛くてですね、ひとしきり職場で盛り上がりました。


絵本の国のぬいぐるみ (MOE BOOKS)
絵本の国のぬいぐるみ (MOE BOOKS)

(2009/03)
原 優子

商品詳細を見る


ぐりぐらは絵本界のツートップだから別格として、ブレーメンの音楽隊の動物たちと、ぐるんぱの可愛さといったら。
テニエルのハンプティダンプティが立体化されたら、凶悪さが薄まったのは一体どんな魔法か(笑)


タバサナオミ手芸店 かわいいフェルトの小物たち ―手ぬいで作る全86点タバサナオミ手芸店
かわいいフェルトの小物たち
―手ぬいで作る全86点

(2009/06/02)
タバサ ナオミ

商品詳細を見る


このキッチュさ、70’Sの匂いがする(笑)。
今またこの年代の流行が回帰しているらしいですしね。
ぞうのおしりのソーキュート☆でした。



てか。
だれかつくってください・・・。




女子もごはん


太一×ケンタロウ 男子ごはんの本
太一×ケンタロウ 男子ごはんの本

(2009/04/20)
ケンタロウ国分 太一

商品詳細を見る



偶然に初回放送を見てから、なんとなくずーっと見続けている「男子ごはん」。
書籍化されたのに発売すぐ買わなかったら、その後本屋さんでまったくお目にかかれず。売れてるんだね。
今日、ジュンク堂でやっと出会えたので買ってきました。

TV見ながら何品か作ってみたことありますが、概ねかんたんおいしく出来ましたよ。「こうすればパラパラになる」って言っていた炒飯は本当にパラパラになった。人生初のパラパラ体験です。自作という意味でですが(笑)。
こんな風に、作ってみようかなーと思わせられるのはやはりこくぶんくんの「美味っ!!」というリアクションにつられちゃっているんでしょうか(笑)。

もちろん本にはレシピはちゃんと載っているけど、TV同様のゆるい雰囲気も漂っているのがいいですね。せっかく買ったんだから、また何か作ってみよう。
てか、上の表紙画像から二人が消えているのは、やはり片割れがじゃ○ーずだからですか。買ってきた本と違って、表紙があっさりしすぎなのでビックリした(笑)。




ヴィヴィアンガールズの王国で


ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で

(2000/05)
ジョン・M. マグレガー

商品詳細を見る




図書館には置いていなかったヘンリー・ダーガーの画集。
先日都美に行ったので図書室に寄って見てきました。

アウトサイダー・アートでは一番有名な人だろうと思うけど、よく知らなかったのでじっくり読んできましたが、その異質な想像力に圧倒されることしばし。
正直あそこまで猟奇的表現にあふれているとは知らなかった。
自身の境遇とか世情とか性的嗜好とかが複雑に混ざり合って、表現世界に反映されていたんだろうなあ。
読んだあとかなりブルーになりました・・・。


【本】恋愛小説ふいんき語り


久々の読書感想記事です。
ちゃんと書いたのっていつ以来だろう。いや、あんまりちゃんとした記事じゃないけど。
「―――本・マンガの感想」
いい加減ブログ説明の文章に偽りありすぎになってきました。


恋愛小説ふいんき語り
恋愛小説ふいんき語り

(2007/11)
麻野 一哉、飯田 和敏 他

商品詳細を見る



小説ゲーム化の人気シリーズの最新巻。『ふいんき』シリーズは好きなので読んでみましたが、やっぱり恋愛小説遺伝子のない私には、ピンとくる作品がございませんでした。
『日本文学ふいんき語り』の時にはフセンをペトペト貼りまくりだったのに、今回はわずかに3ヶ所。全て欄外の註釈部分で、恋愛小説とはまったく関係ないところばかり。まあ、もともとTVドラマの恋愛ものからしてほとんど見ない人間ですから、こうなるとは思っていましたけど。

対談自体は、いつもの調子でとても面白かったです。自分の引き出し(経験)で物語との接点を持とうとする人あり、その作品と「文学」という関係性を常に考える人あり。色んな読み方があるのねと、このシリーズを読むたびに、自分の読解能力の浅さを感じます。それとも男女の差なのかな?


ただいま勉強中



現代世界の美術―アート・ギャラリー (1)
現代世界の美術―アート・ギャラリー (1)

中山 公男 (1985/08)
集英社
この商品の詳細を見る


モネの画集。
明日モネ大回顧展に行くので、図書館で借りて予習中。
『ルーアン大聖堂』を見るのが楽しみです。

【本】勝手に広告


勝手に広告
中村 至男著 / 佐藤 雅彦著
マガジンハウス (2006.9)
ISBN : 4838716915
価格 : ¥3,360


その名の通り中村さんと佐藤さんが勝手に作った宣伝広告の本。
しかし勝手に作っているだけあって、その発想は自由奔放。中には一見しただけでは何の広告かわからないものもあり、これが受注仕事だとしたらクライアントから説明を求められるだろうなあと思うものも(笑)。しかし説明なんか聞いちゃったら無粋極まりなし。
もちろんユーモアやウィットに富んだいつもの佐藤テイストは相変わらず。
今回は撮影にホンマタカシも参加していてます。


鉛筆のシュバルツ・バルトで迷い
星の数ほどのコンビニを数え
お菓子の町で遊び
Nの断片を拾い
Doleのバナナでひとすべり


こんなシャレたビジュアルブックが一冊本棚にあったら、とてもカッコイイよね。

【本】腹筋を鍛えよう


基本的にうたれ弱い人間なもので、ちょっとの事ですぐにヘコみます。
まあそんな時にはマンガをガーーーっと買ってストレス発散。
しかし、時にはせっかく買ったマンガがハズレだったりすることもある訳です。
このくすぶったストレスをどうしよう。
そんな時の心の友が『ほぼ日』の言いまつがいコーナー。
ちょっとした言葉の遣い間違いがこんなにも笑いを誘うなんて、不思議ですよね。
おもしろうてやがてかなしきにんげんよ。

その『言いまつがい』から新しい本が2冊も出てました。
WEBでも読めるけど、オフライン用に買っておこう。
そんで笑って腹筋を鍛えるのだ!ストレスを追い払うのだ!
金銀なんてホラ、クリスマスっぽいしさ。

副題からして笑えるし。↓
シャンプインリンスーかリンプインシャンスーか

両方とも違うから…っ!(爆)


金の言いまつがい
ほぼ日刊イトイ新聞〔著〕
東京糸井重里事務所 (2006.12)
ISBN : 4902516098
価格 : ¥1,260


銀の言いまつがい
ほぼ日刊イトイ新聞〔著〕
東京糸井重里事務所 (2007.1)
ISBN : 4902516101
価格 : ¥1,260


→(12/09追記)
本日『金』を購入。
帰りのバスで読んだら噴出しそうになってエライ目にあった(苦笑)。
結婚式での言いまつがいは逸品ぞろいです。爆笑必至!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事+コメント

Twitter

neghino

カテゴリー

読みました

atomの最近読んだ本

読んでます

atomの今読んでる本

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ねぎ

QRコード

QRコード