2017-11

やっと


ネット生活に戻れたので、久々読書メーターも更新してみた。
『日本の神様』を読んだら、神像がたくさんお奉りされている京都のナントカ神社(名前忘れた)に行きたくなったよ。
次回の行き先はここだな。


スポンサーサイト

読書メーター


読書メーターというものに登録してきました。
 → http://book.akahoshitakuya.com/u/7872


以前ブクログというのをやっていましたが、あれとは違って「今読んでいる本」や「読みたい本」といったモラトリアムなカテゴリがあるので、気楽に使えそうかな。
amazonIDを実装予定だそうなので、稼動したらブログパーツとしてメニューに貼りつけますね。

まあ最近はほとんど本読めてないけどね!


【本】ブックパラダイス


久しぶりに新宿紀ノ国屋本店に行ってきました。仕事で。
15万円分のビジネス関係書籍の買出しです。

自分自身で読む類の本ではないので今回はマジマジと内容見てみたのですが、ビジネスの啓蒙書って、
な ん で あ ん な に 文 字 が デ カ い の ?
中○彰宏かと思ったよ(←ココ笑うところ)。

買いに行く前に一応情報を仕入れておこうと、書店のビジネス書ランキングを何種類か調べていたら、そのどれもにランクインしている本が1冊あったのです。
ほほぅ、そんなに人気ならさぞや良い本なのであろう、と買う気マンマンだったのですが。
実物見てみたら文字デカっ!そして内容薄っ!
「返事はハッキリと」とか、「ありがとうと言おう」とか。
えー、そんな人として基本的なところから学ばないといけない人が仕事しているんですか?と愕然となった。
そんな輩はロバート・フルガムでも読め!
人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』を読んだらいいのだ。
フルガムおじんさんのユーモアとペーソスとそしてアイロニーを仕事に活かせばいいのだ。
それに一般的常識さえ装備すれば、たいてい何とかなるものだと思うのです。しかし近頃は、この一般常識がデフォルト装備になっていないですからねー。イヤな世の中・・・。

午前10時の開店から、午後3時過ぎまで各フロアを行ったり来たり。流石に疲れた~。
帰りは一緒に行った同僚たちと女子3名で伊勢丹のキハチカフェでお茶してきました。
「疲れた体にスウィーツ」はオンナの黄金律ですから!




小倉と抹茶のティラミス
抹茶の軽い苦味がアクセントになってました。
しかし画像がイカン。
まったく抹茶の色が見えてません・・・


070522_1540~01.jpg

こっちは同僚が頼んだ黒糖と甘夏のパフェ・・・だっけ?
やっぱり名前忘れた(汗)。

【本】本屋バトン


バトン拾った。
バトンってそんなに好きではないのですが、これは答えてみたいと思ったのでもらってきました。


■本屋さんに行ってどんな本を見ますか?
まずはマンガコーナーに直行。
その後新刊文芸書の棚を覗いてから、海外文学をチェック。海外文学は自発的にアクション起こさないと情報が入りにくいので、なるべく見るようにしています。
時間があれば手芸本のコーナーも。

■雑誌は買いますか? どんな雑誌を買って、またどんな雑誌は立ち読みしますか?
買いません。雑誌は図書館で借ります。
毎号借りるのは『日経エンタテインメント』(日経BP社)と『Invitation』(ぴあ)の2誌。あとは『フィガロジャポン』(阪急コミュニケーションズ)とか『BRUTUS』(マガジンハウス)で時々本や映画の特集を組むのでその号を。『BRUTUS』は本以外でも興味がある特集を組むことが多いので割りと好きかも。
サッカー好きなので『サッカーマガジン』(ベースボール・マガジン社)、『Number』(文芸春秋)も時々立ち読みします。

■最近読んだ本は?
小説は池上永一『シャングリ・ラ
マンガだと岩岡ヒサエ『土星マンション 1
『シャングリ・ラ』は評価が高い作品なのであえてスルー。『土星・・・』は素朴な絵柄に引かれて読んでみたマンガです。ザラっとした画面と朴訥なストーリのマッチングが好印象。2007年1発目のヒットでした。

■どんな漫画が好きですか?
衝動買いの時は絵柄を見て決めるのですが、すっきりした絵に惹かれることが多いようです。ファンタジーとか異世界ものとかも多い。
「この一作」とは決められないけど、「コレを読んでなきゃここまでマンガ好きじゃなかった」という作品は竹宮恵子『ファラオの墓』。

■買って失敗した……面白くないから買わなきゃよかった、という失敗はありますか?
マンガの場合ですが、上記のように絵だけを見て買った場合の打率は4割くらいです。
すべてに満足のいく作品に出会うのはなかなか難しい・・・。

■本(漫画・雑誌を含む)にかけるお金は月に何円くらいですか?
本は9割、図書館で借りて読みます。自腹を切るのは図書館で借りて読んで、尚且つ手元に置いておきたいと思ったものだけ。マンガは最近レンタルコミックを利用しているので、以前に比べると減りました。
そんな感じなので、月によってバラつきがあるけど2000~5000円の間かなー。

■雑誌や週刊誌はたまってくるとどうしますか?
雑誌は買いません。

■おすすめの本があれば教えてください。
事ある毎に書いてますが、山本周五郎『雨の山吹』。
私の“無人島本”です。

■これはよくないよっていう本はありますか?
興味の出なかった本は読んだ端から忘れていくので・・・。
最近では面白かった本でさえ忘れがちだというのに、面白くない本まで覚えてられない。

■本屋さんはどれくらいの頻度でいきますか?
2週間に3回くらい?

■買ったけど読んでない本ありますか?
山とあります。

■バトンを回す5人
ネット徘徊中に拾ってきたものなので、またそっと置いておきます。

【本】ブクログ


ブクログというものに登録してみました。
今まで、ここで紹介した本・マンガを集めた本棚ブログです。
まだ一部しか登録し終わってませんが、おヒマな方はどうぞ見てみて下さいませ。


→ ナナメ読み開架棚
(メニューのリンクからでも飛べます)

【本】2005年面白かった本・印象に残った本

昨年も年末にやったので、今年もやってみました。
全部で24冊。
過去に取り上げている本については、その記事にリンク貼ってあります。もっとクドい感想を読みたい方はそちらもどうぞ(笑)。


Read More »

【本】本屋を徘徊

今日は午前中から出かけたのですが、お昼には用が済んでしまいました。
なので本屋に入って色々新刊チェック。

マンガでは、高尾滋の最新刊「ゴールデン・デイズ」の1巻が発売。前の長編「てるてる×少年」がイマイチだったんでどうしようか悩んでたんですが、今回のはタイムスリップモノ、しかも時代は大正。ヤバイ!あの辺の時代モノにはヨワいのだ。そのうちお試しで買うかもしれません。

「放浪息子」の4巻もまだ買ってなかった。「しゃにむにGO」の21巻も。この2冊はいずれ買います。
あと「のだめカンタービレキャラクターBOOK」の中の書き下ろしマンガ、『大河内カンタービレ』が激しく読みたい(笑)。bk1の書評読んだら買いたくなったけど、本編より値段が高い(¥680)のが納得いかないので、長考に入ります。半年ぐらいしたら古本屋に出るかもしれないし。

本では、「彩雲国物語 はじまりの風は紅く」を購入。シリーズの後のほうの巻は買っていたんですが、最初の2巻は借りて読んでいたので今回購入しました。
ティーンズノベルには異色の官僚小説。官能じゃないですよ、官僚です(笑)。女の子向け版「県庁の星」ですかね(笑)。
ヒロインは力いっぱい人生に前向きで、読んでると気恥ずかしいぐらいですが、旧質体制に啖呵を切るように向かって行く姿には胸がすく思いがします。
しかし細かいこといえば、時々意味がよくわからない伏線の張り方をするので、もうちょっと分かるように書いてほしいかなー。
それにしても、若いのからジィさんまでイイオトコ出すぎ。そろそろインフレ起きそうなくらい、色男まみれですよ(笑)

あとは新聞広告で見て気になっていた赤瀬川原平の「目玉の学校(ちくまプリマー新書)」をチェック。これは図書館で予約を入れよう。
ちくまプリマー新書はテーマといい装丁といい、とても面白い新書シリーズだと思います。

平台に山と積まれていたのが「エルデスト」。「エラゴン」の続編です。
「エラゴン」も結構な厚さの本でしたが、今回も同じぐらいのブ厚さ。
「うわ厚いな~。でもま、エラゴンも面白かったから一気に読めるだろう~」なんて思いながら、よくよく本を見れば・・・

上 下 巻 だ っ た !!!

ブ厚いのが2冊!!
うへー、マジですか~(泣)
最近小説読むのにものすごく集中力が必要になっているので、長編はツライのに~。うう、いいもん、がんばるもん・・・。

エルデスト 上
クリストファー・パオリーニ著 / 大嶌 双恵訳
ソニー・マガジンズ (2005.11)
ISBN : 4789727084
価格 : ¥1,890

【本】雑誌特集「大人のための児童文学」

雑誌『文学界』2005/11月号で、「大人のための児童文学」という特集を組んでいたので読んでみました。

特集に沿った短編は藤野千夜、大道珠貴の2人の作品が掲載。
人気作家さんですが、実は2人とも初読みです。
今まであんまり触手が動かなかったというのが要因ですが、今回この短編を読んでみて、う~んやっぱりソリが合わないという感じ。

ほかに斉藤美奈子が「コドモの読書の過去と現在」という論評を書いていましたが、コレは面白かった。
タテマエとホンネの読書、一般的な文学界と児童文学界の交錯という現在の文学界の状況にナルホドなぁ・・・と。
そういえば宮部みゆきの「ステップファザー・ステップ」も、講談社の子供向け文庫である青い鳥文庫から最近発売になりましたしね。
とはいえ、最後に紹介されていた児童文学のオススメ本はわりと保守的だったかな(笑)。
斉藤美奈子の書いたものは最近ちょっと気になってます。

特集では他に、あさのあつこの対談もありますので、気になった人は読んでみましょう。


「誤読日記」読んでみようかなー。



誤読日記
斎藤 美奈子著
朝日新聞社 (2005.7)
ISBN : 4022500328
価格 : ¥1,575



〔参照〕
斎藤美奈子の『誤読日記』の脱線的紹介(ポンコツ山のタヌキの便り 2005-11-18)

  ↑
トラックバック不具合により、記事本文にリンクを貼らせていただきました。快くリンクを承諾して下さいました、やまももさんに感謝いたします。


【本】MY読書月間 -経過報告その6(総括)-


8月中旬から9月いっぱいまでと設定した”MY読書月間”。
一応終了なので総括です。

9月中旬までは意識的にがんばって読書に励みましたが、それ以降は9月下旬からの旅行計画を作るのに時間をとってしまってほとんど本を読めませんでした。
旅行先でも読書するつもりでしたが、なんだかんだと他に誘惑が多くて読書に集中できなかったし。
持って行ったのは三島由紀夫と夏目漱石。”純文学に挑戦”が旅行の裏テーマでもあったので(笑)。
漱石は言葉の選び方に定評があるというので読んでみるつもりでしたが、時間がなくて読めずじまい。
三島は短編集を読みかじったけど、頭に入らず。読んでいる友人によれば、長編は面白いんだそうです。先ににオススメを聞いておくべきだった、失敗。
今回は読めませんでしたが、この2人にはいずれ再戦を挑むつもりです(笑)。

「月間中はこれを読もう」と思っていた作品はあっても、図書館で予約していた本がイレギュラーにポンポン入ってきてしまい、なんだか一貫性のないセレクトになってしまいました。
しかしここ数年の読書傾向を見てみると、昔に比べて小説以外の本に興味がもてるようになってきてるな、と感じます。昔はそれこそ小説しか読んでなかったのに。

心残りは課題図書として設定していた「ぶらんこのり」(いしいしんじ著)と「冒険者たち」(斎藤惇夫著)を読みきれなかったこと。
「ぶらんこのり」は半分までは読んだのでこのまま読了できそうですが、「冒険者たち」は手付かずのままになってしまいました。こっちは年末休暇に持ち越しします。


ここのところ、時間があるととりあえずネットに繋げてのんべんだらりと過ごしてしまうことが多いので、意識して本を読もう!と自戒のために立ち上げた読書月間でした。
だってここも曲がりなりにも「読書blog」をうたってるし(汗)。
自分の負担にならない程度にまたやろうと思います。



---月間中の読了本---  ( ”感想” をクリックすると感想をupした記事に飛びます)

〔小説〕
魔法探偵 / 南條竹則  --感想--
孤宿の人(上下) / 宮部みゆき  --感想--
天空の遺産 / L・M・ビジョルド
切れない糸 / 坂木司  --感想--
悩んでられない八方塞り? / 賀東招二  --感想--
琥珀枕 / 森福都  --感想--
運命は剣を差し出す・3 / 駒崎優
女ぎらいの修練士 / 樹川さとみ
 ---
9冊中3冊がライトノベル・・・。どーなのコレ。いやライトノベルは好きだけど。
ううむ、もうちょっとがんばりましょう。


〔小説以外〕
東京遺産な建物たち / 新紀元社  --感想--
なぜ、その子供は腕のない絵を描いたか / 藤原智美  --感想--
前田建設ファンタジー営業部 / 前田建設工業株式会社
東京タワー / 安原直樹  --感想--
バーコード革命 / デザインバーコード社  --感想--
チェコのマッチラベル / 南陀楼綾繁
やおい小説論 / 永久保陽子  --感想--
ツリーハウスをつくる / ピーター・ネルソン
世界おしかけ武者修行 / 椎名誠  --感想--
すぐわかるキリスト教絵画の見かた / 東京美術
 ---
ビジュアル本に偏り傾向が(苦笑)。
「なぜ、その子供は腕のない絵を描いたか」、「やおい小説論」は収穫でした。

【本】新たな法則

容量オーバー


図書館で本を予約した時期はバラバラなのに、回ってくるときはすべてが一気に来る。
という一文をぜひマーフィーの法則に入れて欲しい(^^;)

そんなワケで予約本が大量に来てしまいました。
わー、どうすりゃいいのー!
ライトノベル系は比較的早く回ってきましたが、「ICO」と「れんげ野原の・・・」はカクジツに3ヶ月以上待ったし「ホモセクシュアルの世界史」は多分2ヶ月くらい?
こんなにバラけて予約入れたのに、なぜ一気に来る・・・(泣)

もういいよ。
読書月間中だからがんばって読むさ・・・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事+コメント

Twitter

neghino

カテゴリー

読みました

atomの最近読んだ本

読んでます

atomの今読んでる本

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ねぎ

QRコード

QRコード