2005-05

【マンガ】2005-06月発売 発売チェック分

06/16 花かんざし / 河村恵利(秋田書店)
06/17 しゃにむにGO・20 / 羅川真里茂(白泉社)
06/23 蟲師・6 / 漆原友紀(講談社)
06/25 Landreaall・6 / おがきちか(一迅社)
06/27 E'S・12 / 結賀さとる(スクウェア・エニックス)
06/30 20世紀少年・19 / 浦沢直樹(小学館)
06/下 天然!絶滅ヒーロー!!・3 / 氷堂涼二(新書館)


全部買うわけじゃないですが。

前月に増して少ないチェック数。
「20世紀少年」は貸してくれる友達に教えなくっちゃ!(←ヒドイ)
「ランドリ」と「蟲師」は発売日に即買いです。
「しゃにGO」はここ2冊ほど買ってないので、まとめ買いの予定。

スポンサーサイト

【本】幼児化するヒト

気になった本のご紹介。
といっても今は読めないので、自分のための備忘録のようなものですが。


表紙は黄色い背景に黒文字のタイトル。
キューピー顔の幼児の顔写真も添えてある。
そしてオビには「『ロリコン、負け犬、同性愛』は必然だった!?」の煽った一文。

非常に気になる1冊です。
本書は動物学者が書いた人類進化論。
昨今の性的に歪な社会状況を踏まえて、なぜこんな形に人類は構築されていったのかを説いています。
生物進化論の本ではあるけど、文化人類学的な側面もありそう。

本の見返しに、ネオテニーという聞き慣れない言葉がありましたが、これは幼形成熟という意味。
このテネオニーが進んだのが、人類の今現在ある進化の形、という主張のようです。

学術書ではあるけど、面白くよめそう。
いつか読もう。


幼児化するヒト

幼児化するヒト

posted with 簡単リンクくん

クライブ・ブロムホール著 / 塩原 通緒訳
河出書房新社 (2005.4)
ISBN : 4-309-25189-7
価格 : ¥1,890(本体: ¥1,800)
オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

サッカーより伊良部先生

CLの決勝戦は早起きして見る意思はあっても、今のサッカー日本代表戦は見る気力がなかなか起きない。
だって見ても消化不良になるから~。
今日のUAE戦、それでも夕飯の時に30分ほど見ましたが、む~ん・・・
ゴール前の混戦がピクミンみたいだった・・・
♪~ほったかされて、また会って、でも私たちあなたに従います~♪ってか?


なので今日はサッカーの時間は風呂に入って、9時からのTVドラマ「空中ブランコ」に備えました。
原作の連作シリーズ1作目「イン・ザ・プール」は読んでいたのですが。
阿部寛が伊良部先生ねぇ。・・・細っ!
本を読んだ時、私の中では彼は岡田斗司夫だったんですけが、それを友達に言ったら生々しすぎるって言われた(笑)
阿部ちゃんの伊良部先生は、うさんくさいカンジは良かったけどいかがわしさは薄かったような。
釈由美子の看護婦さんは割とはまってたと思います。
もっとハチャメチャかと思ってたけど、結構無難な作りのドラマでした。
良くも悪くもフジのドラマといったところでしょうか。

映画版の「イン・ザ・プール」はどうなのかな~?

【サッカー】すんごいゲームでした

今日は仕事が休みだったので、早朝放送のチャンピオンズ・リーグ決勝戦を生放送で見るべく目覚ましをかけておきました。

一応目は覚めたんだけど、やっぱり意識はモーロー・・・。
覚えているのはマルディーニの1点目まで、ってソレ開始50秒だっつーの(^^;)!
ふと気が付けば、映っていたのは「めざましテレビ」の大塚さんでした・・・

もしもの時のために、録画もしておいてよかった。
そして最大延長時間まで、録画設定しておいて
ほ ん と に よ か っ た !!!!


Read More »

お引越し

他サーバーからお引越し。

過去のファイルも移動できて、ラクチンでした。

最近更新をサボりぎみでしたが、もうちょっとがんばってみようと思います。


2匹目のあみねこ


さらにハマってます、あみねこ(笑)。

職場にも持ち込んで編み進め、2匹目の誕生とあいなりました。
命名:クー
1匹目がハチ(8)だったので、数字つながりでクー(9)。
単純~!


顔の刺繍は、前回のハチの時はいきあたりばったりのフリーハンドで行い、出来上がったらツリ目になっててビックリだった経験があるので、今回は糸でガイドラインを作って丁寧に仕上げました。
なのでハチよりはシンメトリーな顔になったかな(^^;)
目も意識してタレ目にしてみました。

ただ今回の毛糸は多少硬めだったため、手足に前回ほどのクッタリ感が出ずちょっと残念。


さて、次回は友人の出産祝い用あみねこを編む予定です。


兄弟2ショット。
肩を組ませてみたけど、雪山で遭難したみたいになった・・・



今日の日本代表戦・・・
見てたけど・・・途中寝ちゃったよ。
気が付いたら得点されてて負けてた。
ああ、代表戦がどんどん面白くなくなっていく・・・



あみねこその後

本日の東京は、晴れのち曇りのち雨、そして強風というギャグマンガで使うネタみたいな一日でした。
夕方雨が降った後に日が射したようで、ちょうど雨戸を閉めようと窓を開けたら虹が架かってました。久しぶりに見た~!



先日編み上げた黒いあみねこ(命名ハチ)ですが、職場に連れて行ったら思いのほか好評でなんか嬉しかったです。
友人にもらったあみぐるみのおたまちゃんと、2ショット記念写真を撮っちゃったりして。
親バカか私は(苦笑)!と、セルフつっこみいれときました。

現在2匹め生産中。
我が家に余り毛糸は山のようにあるので、しばらく飽きるまではブログ更新もおざなりにして編んでしまいそうです。

だって~、サッカーネタはFC東京ボロボロで切なくて記事が書けないんだよう~(泣)
最近は、FCの結果と共に柏(現在ブービー)と神戸(現在最下位)の勝敗まで気にするようになってしまった・・・。ううう。

こんな状態でユーベとホントに試合するの?
デルピさまとネドベドは生で見たい気もするけど、去年の鹿島みたいなこと(バルサと対戦してコテンパン)になったら、いくら海外サッカー好きとはいえやっぱり胸が痛むよ・・・。


1匹産まれました

今年のGWは仕事の都合上とびとびにしか休めず、結局どこにも行かずに終了。
あらかじめこうなるとわかっていたので、ちょっとは生産的にGWを過ごそうかと、久しぶりに編み物などしてみました。

で、GWからはちょっとはみでてしまったけど昨日出来上がったのが写真のあみぐるみ。
「あみねこのいる生活」という本を参考にして作りました。

ヤバイよヤバイよ、キテルって~(byタイガー&ドラゴン)!!
というカンジで、この微妙なブサイクさ加減に自作ながらかなり気に入ってしまいました(笑)


しかし母には
「あらネコだったの? クマかと思ったわ~(笑)」
といわれましたよ。

そりゃないよ、かーちゃん・・・




あみねこのいる生活 / ねこやま著

税込価格 : ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
出版 : 主婦と生活社
ISBN : 4-391-13012-2
発行年月 : 2005.2

【サッカー】勝てないねぇ・・・

JリーグではFC東京を応援しているんですが、リーグ戦6連敗。先日の大宮戦ではロスタイムに失点して、結局引き分け。勝ち試合をむざむざと落としたカンジ・・・(泣)
開幕前に選手が口々に「タイトルを獲る」を目標に掲げてましたが、今となってはそれも痛々しい思い出ですわ。ひ~ん。

この連敗で去就問題の出ていた監督のヒロミちゃんでしたが、社長さんがそれは否定したのでホっとしました。
好きな選手もたくさんいるけど、ヒロミちゃんのやるサッカーが好きっていうのがFCを応援する大きな要因なので、続投を聞いて一安心。

とりあえず今は、勝ち点3を目指して地道にがんばってください・・・(泣)


チャンピオンズ・リーグはリバプールが勝ちあがってくるとは、しかもチェルシーを破って!トニーさん大喜びだね。
ざまあみろモウリーニョ!でもランパードは好きなのよね・・・(笑)!
決勝はミラン-リバプールかぁ。
準決勝のミランはなんだか迫力がなかったけど、大丈夫かしら?

決勝はフジで生中継するとか。
う~ん、見たいけど起きられるだろうか?

【マンガ】2005-05月発売 発売チェック分

05/13 のだめカンタービレ・12 / 二ノ宮知子(講談社)
05/19 ごくせん・11 / 森本梢子(集英社)
05/23 ふたつのスピカ・8 / 柳沼行(メディアファクトリー)
05/25 夢路行全集・19 柔らかな冬 / 夢路行(一迅社)
05/25 夢路行全集・20 百も承知さ / 夢路行(一迅社)
05/25 夢路行全集・21 踊りましょうか / 夢路行(一迅社)
05/28 あの山越えて・6 / 夢路行(秋田書店)


全部買うわけじゃないですが。

私にしてはかなり少ないチェック数。
お楽しみは「のだめ」と「スピカ」かな。

巣みつ!

昨日は芹沢ケイ介展を見に日本橋高島屋へ。
昔はこういった民芸調のデザインは、泥くさく感じて好きじゃなかったのですが、今は味わい深く感じます。
トシ食った証拠か(笑)?


芹沢ケイ介展と同じフロアで、お料理の服部センセイのグルメフェアも開催中でした。
じつは先日「服部幸應のごちそう取り寄せ帖」という本を読んだ直後で、その本の中からいくつか気になる品をピックアップしたばかり。
グルメフェアの開催は全く知らなかったので、うれしい偶然に驚きました。
寄り道のつもりだったのに、いつのまにやらこちらが本命に・・・(笑)

で、気になっていた品を探したところ…。
あったあった!
それは「国産純粋巣みつ」。巣ごとの蜂蜜です。
買う前に試食させてもらいましたが、う~わ濃厚~!
巣の部分はプロポリスだそうで、そのまま食べて良いのだとか。
一緒にさくらみつ、れんげみつなども試食させてくれたけど、流石にそれとは格が違う(笑)。
もともと買う気マンマンで試食させてもらっていたので、あっさり購入いたしました。
美容のために毎日ちょっとずつ食べようと思います。


そういえば、服部先生ご本人も会場にいてチラっとお見かけしました。
やっぱり黒の詰め襟でしたヨ(笑)


服部幸応のごちそう取り寄せ帖 / 服部 幸応 著
出版社 : 料理王国社
発売日 : 2005年03月
ISBN : 4947682183



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事+コメント

Twitter

neghino

カテゴリー

読みました

atomの最近読んだ本

読んでます

atomの今読んでる本

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ねぎ

QRコード

QRコード