2006-01

グッタリ・・・


今日から仕事に復帰いたしましたが、なんだかグッタリ。
家でグータラしているだけじゃわからなかったけど、思ったより体力が落ちているようです。
もう若い頃と同じ様にはいかないってことデスカ。・・・イヤだね・・・(泣)

昨夜、寝る直前に微熱が出たので、いつもより早目に寝たのですが、めずらしいことに明け方に目が覚めました。だって私、一度寝たら滅多なことでは起きないので。大き目の地震でもグースカ寝ている私なのに!(←さすがにそれはどうなのか・・・^^;) そんな私が、目覚まし時計より先に起きるなんてねえ。どうやら寝汗で目が覚めたらしいのですが、多少発熱していたのかもね。
でも、朝もし熱があったらもう仕事には行けないような気がしたので、朝は熱は計らず出かけました。今は熱っぽくないから、大丈夫・・・かな?いやいや、甘やかしちゃイカン。きっと大丈夫です。

帰宅途中に病院へ行って再診察してもらいましたが、風邪の症状がイマイチ改善しないので、引き続き総合感冒薬を出してもらいました。抗生物質は今までのではあまり効いていないようなので、別種のものを処方。・・・抗生物質効かなくなってるの?それってヤバくないですか?細菌テロがあったら真っ先にヤられるタイプです、きっと・・・。
おまけに薬漬けで胃がやられちゃったらしく、ずーっと胸ヤケがしてるので、胃の薬も出してもらいました。この上、胃までかよー(泣)!

なんだか疲れちゃったので、今日はもう寝ちゃいます。
ふひー。



そういえば。
コメントやメールでインフルエンザA型・B型について教えていただきました。
そうですか、両方罹ることもあるんですか。よくよく考えれば、そりゃそうですよね。だからA型・B型なんだっつーの(汗)!
せっかくB型をここまで治したので、何としてでもA型には罹らないようにします。もうインフルエンザはコリゴリなのよーう!
情報ありがとうございました!すいません、レスは後日いたしますので、もう少々お待ちくださいマセー。

スポンサーサイト

社会復帰

まだ喉に違和感は残ってますが、明日から出勤いたします。職場のみなさま、ご迷惑をおかけいたしました。
ってかいつまでも休んでたら、社会復帰できなくなるぅー!
仕事行きたくなくなっちゃうヨ!

ひきこもっている間に、ほりえもんは捕まるし、東横インは違法建築摘発されるし、SONYは家庭用ロボットから撤退決定するし、『デスノート』は映画化決定だし、21世紀日本でハーレムを作ったオッサンも捕まるし。
激動の1週間でしたね。
一番興味を引いたのは、SONYですかね。せっかくCURIOもあそこまでつくったのに。やめちゃうの、もったいないと思いました。
ほりえもんはねー。起業のパイオニアという点は評価しますけど、デカい会社のトップがイリーガルなことすると国の経済を直撃するから、やめてほしいよー。


そういえば、SMAPのクサナギくんもインフルエンザだそうで。ホテルで療養中ってのが気の毒です。ホテルなんで空気乾燥してんのに。・・・加湿器くらい置いてるか、SMAPだし。
それにしてもインフルエンザって、一方の型に罹ったら、もう一方の型には罹らないのだろうか?今回私が罹ったのはB型だけど、この上A型にも罹ったらたまんないよー!!

【本】おまけのこ/畠中恵


おまけのこ
畠中 恵著
新潮社 (2005.8)
ISBN : 4104507040
価格 : \1,365



雑誌発表の3編と書き下ろし2編を加えた連作短編集。『しゃばけ』シリーズの第4弾です。
いつもの通り、あっさりとクセのない作品でどれも気軽に読めました。
鳴家はかわいいのぅ(笑)。
この本では「畳紙」と、表題の「おまけのこ」が好きです。
・・・よく考えたら、この2編は若だんなは脇役だわ。若だんなは影のフィクサーとして暗躍(?)しているのが好きなようです(笑)。


友人とも話したのですが、畠中作品はあっさり読めるけど、しかしこの「あっさり」がクセもので、面白かったっていう印象はあるのに、「あっさり」しすぎでいつもあんまり細かい話の印象は残らないんですよねー。
なんでなんだろう・・・?

いま“小説新潮”で連載しているっていう長編はどうなんでしょうね。

【マンガ】2006-02月発売チェック分


02/04  英会話スクールウォーズ・1 / マツモトトモ(白泉社)
02/06  ゴーストハント・9 / いなだ詩穂(講談社)
02/17  しゃにむにGO・22 / 羅川真里茂(白泉社)
02/23  蟲師・7 / 漆原友紀(講談社)
02/28  20世紀少年・21 / 浦沢直樹(小学館)


全部買うわけじゃないですが。

マツモトトモは前作の『美女が野獣』がとても面白かったので。でも、ちょっと様子見してから、買うかどうか決めます。
『蟲師』は即買いますよー(笑)。
『20世紀少年』は、いつも貸してくれる友達にご連絡(ヒドイ)。
にしても、少ないなー。買う予定の本が少ないと、買わなくていいものまで買ってしまうからヤバイのに。


そういえば。
今探しているマンガがあるんですよねー。でも、見つからない。
なんでかというと、タイトル忘れちゃったからー!!
アホだ!!
多分青年誌のマンガだと思うのですが、会社の取締役だかの高いポストにいたオジさんが、一介のヒラ社員に降格されちゃって・・・みたいなお話のコメディマンガでした。
本屋に行く度に棚を物色するのですが、なかなか見つからない。マイナー作品なのかしら?
まあ、検索とかすればヒットするかもしれないけど、本屋での運命の出会い☆を期待して、成り行きまかせにしています。でも「あ、それ知ってる」という方いたら、情報下さい(笑)。よろしくどうぞです~!

【本】陽炎ノ辻(居眠り磐音江戸双紙)/佐伯泰英


陽炎ノ辻
佐伯 泰英著
双葉社 (2002.4)
ISBN : 4575661260
価格 : ¥680



去年、『読んで悔いなし!平成時代小説』という時代小説のガイド本を読んだのですが、その中でちょこっと紹介されていた『居眠り磐音』シリーズの第1作。

佐伯泰英は今、人気の時代小説作家らしく、1年で14~15冊上梓するとか。スゲー、1ヵ月で1冊以上!
読む前まではそんな風に驚いていたのですが、本を開いて納得。
文字デカっ!!
講談社文庫よりデカいぞ(苦笑)。
なんで、2時間弱でするっと読了。

オジさまに人気のようなので、もっとハードボイルドなのかと思いきや、わりとあっさりテイスト。
表題にあるように主人公は「居眠り」してるような、ぼやんとした風情なくせに、立回りになるとバッサバッサと殺しまくる。この両極端な印象の違和感が最初から最後までついて回って、ストーリーに馴染めませんでした。
出てくる人物も、登場の途端に好漢・悪漢が分かっちゃうし。深みのない2時間ドラマのようでした。
期待していただけに、ちょっと肩透かしをくらった気分。

しかし、これはまだシリーズ第1作目だから、こなれてないのかなー。
うーむ、辛抱してあと2~3作読んでみるべきか。

ヒマ~


なんだかインフルエンザ闘病記みたいなことになってましたが、熱は昨日の午後からようやく平熱に戻り、薬を飲んでいるだけになったので、今はたいして闘っていません(笑)。
ただ喉は相変わらず痛し、咳も痰が絡んでいて聞くに堪えない。
声もヒドイです。
文字にすると
す゛へ゛て゛の゛お゛と゛に゛た゛く゛て゛ん゛か゛つ゛い゛て゛い゛る゛か゛ん゛し゛
(全ての音に濁点がついている感じ)
ハスキーボイスといえば、GAOか私かみたいな。・・・てかGAOって古っ(笑)!

今日、再度病院に診察に行ってきたところ、例のインフルエンザ特効薬タミフルは追加で2日分処方されました。結局計5日分出されたことになります。これ位飲んでおけばウィルスを追い出せる(もしくは殺せる?)のでしょうか。
でも身体的に抵抗力が弱っているので、他の細菌が入りやすくなっているそうです。一緒に抗生物質も処方されました。
インフルエンザ罹患中の方は、他の感染症にもお気をつけくださいませ。


喉関係が辛い以外は普通の生活パターンになりましたが、外出は禁止(あ、BOOKOFFには行っちゃったけど)なので、だいぶヒマになってきました。。
そんな訳で、この機会にと溜まっていたドラマを視聴しました。

『名探偵赤富士鷹』(ABC殺人事件)
年末にNHKでやっていたドラマ。周囲の人から「いい」という評判は聞いていたのですが、言われるだけあってやっぱり面白かった~!
やっぱりNHKはこういうのを作らせると上手いですね。微妙に黄味がかった画面も、昭和初期の時代っぽさがでていて、合っていたと思います。シリーズ化してくれればいいのになー。
「愛しのサンドリヨン」の回はまた今度見ます。

『古畑任三郎』(フェアな殺人者)
イチローの回。思ったよりイチローの演技がヘタでなくてびっくりしました(あくまでも「ヘタじゃない」程度ですが)。犯人をひっかける手法はスタンダードだったので、そんなにサプライズは感じなかったです。というよりイチローが出演した時点でサプライズは完了か(笑)。


さて、明日は読書かな~。


丸つぶれさぁ~(泣)


まだまだ全快にはほど遠いですが、いちおう床払いはいたしました。
熱も、平熱と微熱を行ったり来たりといったところ。でもまだ悪寒がするので、大量に服を着込んでます。その上に半纏、マフラー、マスク、ニット帽を着用しているので、かなりアヤシイ格好。このまま外に出て道を歩いたら、通報されること間違いなし!みたいな(苦笑)。

インフルエンザのおかげで、今週の予定もすべて丸つぶれです。
昨日は、ミヒャエル・ゾーヴァの展覧会に行く予定だったのに。え~ん(泣)!
今度の日曜も、豆本のイベントに行くはずだったのに!うお~ん(号泣)!
この豆本のイベントは前々から楽しみにしていただけに、とてもとても残念です・・・。

よく考えたら、この病欠のおかげで7連休。なのにどこにもでかけられないよ!
え~い、こうなったら図書館から借りてる本、読みまくってやるー!
『居眠り磐音』も『手習重兵衛』も『おまけのこ』も『ホモセクシャルの世界史』も『変態の時代』バチコイだー(ヤケっぱち)!

インフルエンザB型


高熱
頭痛
悪寒
咽喉の痛み
手足のしびれ
身体がギシギシ
気管支がゼイゼイする

などの症状がある方。
それは
インフルエンザB型です。

そんなワケで、今日医者に診てもらったところ、インフルエンザに罹ってました。
やっぱり予防接種受けとくべきだったか・・・。2700円をケチったツケが回ってきました。

昨夜は39.3度なんていうありえない高熱がでましたが、今は37度代までなんとか下がりました。39度なんてお風呂なら長風呂にちょうどいい温度ですが、自分で発熱するとなるとなんでこんなに辛いんでしょう。座っていてもフラフラして平衡感覚が取れないので、歩くのも怖かった。

そんな状態で昨日は3時まで仕事をしていたってのが、自分でも驚きです。職場の同僚にインフルエンザをうつしてないか心配だなー。昨日は1日中マスクをしていたから、飛沫感染はないと思うけど・・・。

というわけで、医師の指令により仕事は今週いっぱいはお休みすることになりました。同僚のみなさま迷惑かけてすみません・・・(泣)

20060123211524.jpgこれがタミフル

いろいろ痛い


どうやら所属係長に風邪をうつされたらしい。昨日ちょっといがらっぽいだけだった喉の痛みが、今は燃え盛るようです。おまけに身体の節々もギシギシしだしました。仕事早退したので、もう寝ます。すぐ寝ます(泣)。

パソコンにはウィルスソフトを入れてあるけど、人体には何も処置してなかったのが敗因か…。

20060122162414喉にはカリン酒がいいそうです。

こんな日でも働くさ


東京は予報通り雪。朝起きたらもう降ってユーウツ。なぜって仕事だからです。ふぅ~・・・。
雪の日用にしている底のデコボコしたゴツイ靴を出して、雪道をガスガス歩いて出勤しました。積もったところを踏むとモッキュモッキュ雪が鳴って片栗粉みたいでした(笑)

そんな出勤途中、こんな雪なのに、傘さして片手で自転車に乗ってるチャレンジャーに出会いました。スロープを自転車から降りずにそのまま下ってる。危ないなぁなんて思ったのですが、すれ違った途端に後ろから
がっしゃーーん!!
見事にスッ転んでました(笑)。言ってるそばから!(いや言ってないって) 巻き込まれなくて良かった。

東京だと、雪が降るといっても数時間でやむのが殆どでしたが、半日降り続いていたのはすごい久しぶりじゃないでしょうか。
こんな天気なのに明日も出勤です(泣)。明日はこの雪が融けて凍るんでしょうか・・・。コワイよぅ。自分で足を滑らせて転ぶのならまだいいけど、スリップした自転車や自動車に突っ込まれるのは、カンベンしたいわ。裏道通って行こうかな。

足元朝の足元。積雪3cmぐらい。

河原


出勤途中の河原。散歩中の犬が、雪の中ワフワフ走り回っていました(笑)。

帰り道帰り道。東京とは思えない。

ゆきだるまゆきだるまとハチとクー(笑)

ドラマいろいろ


今クールのドラマは、私にしては珍しく3本も見る予定でいます。読書が一気読みタイプなので、TVの見方も同じで、一気にガーッと見たいタイプ。なので毎週毎週チマチマ進むTVドラマは苦手なのですが、今クールは役者さんが好きだったり、設定が面白そうだったりというのがあるので、見ようかなーと。多分3~4回録り溜めて一気見とかだろうけど(^^;)。

『喰いタン』(日テレ)
食べることと推理を一緒にやるドラマ。グルメじゃなくて、ゲテ食いだっていうのがイイっすね。

『神はサイコロを振らない』(日テレ)
小林聡美好きっっ!!ワタクシ的には、これ以上の理由は不必要(笑)。

『時効警察』(テレ朝)
時効になった事件を趣味で捜査するって設定が○。オダジョーの髪がスゴイことになってました。どうなのアレ。


ちまたで話題の『西遊記』は、1話・2話を“ながら見”しましたが、全くひっかからなかった。例えながら見でも、面白いものには惹き付ける力があると思うんですがね~。あ、でもオブタちゃんは可愛かったと思います、ながら見ですが(笑)。


この他にも、年末年始の特別ドラマを録り溜めたまんま。なんとか『里見八犬伝』は見終わりましたが。綾瀬はるか薄っっ!!ピン子濃いっ(笑)!!。菅野美穂はキレイだったけど、ちょい貫禄不足かなぁ。低い声のセリフがすごい聞き取りにくかったです。お話的には、8人が集まったところでもうクライマックスになっちゃったので、最後が尻つぼみ~。まあ、それなりに楽しめました。
あとは『名探偵赤富士鷹』が2回分、『古畑任三郎』が3回分。ははは、見終わったら、春になってんじゃないのか・・・(汗)

キョーフ体験


今日、仕事が終わって家に帰る途中、前方から中年男性が歩いてきた。
ちょうど擦れ違う時に
「あの、あの・・・」
と、声を掛けられたので、道を聞くのかと思って顔を向けようとしたら・・・。

「○×△さまって、試験管ベビーなんですってよ、ボソボソ・・・」

ぎゃーーーーっっ!!ヘンなヒトだーーーーーっっ!!

ソッコー無視を決め込んで、家まで一目散に逃げ帰りました。
家まではもうすぐそこだったけど、暗い道だったからコワかったよーう(泣)


去年から児童を狙った犯罪が多発しているから、最近の学校では「道を聞かれても、教えないでいいからすぐ逃げろ」って教えているそうですが、大人でも逃げていいですか?私が道聞いたとき、逃げてもいいからさぁ~~(泣)
親切心おこして、被害を受けるのはカンベンしたいです。

こんな寒いうちからヘンなヒトが出てくるなんて、春先になったらどんなコトになるんだ。ブルブル・・・。

しかし今時「試験管ベビー」って。フレーズが古いよ、おっちゃん・・・。


いろいろ差しさわりがありそうなので、あえて書いてませんが、○×△には千代田区辺りにお住まいの方の名前が入っていたと思って下さい。

【本】作家の読書道


作家の読書道
Web本の雑誌編
本の雑誌社 (2005.10)
ISBN : 4860110536
価格 : \1,575

第一線で活躍する作家たちが、自身の読書遍歴語ったインタビュー集。『WEB本の雑誌』の連載を単行本化したものです。恩田陸から始まって小川洋子まで、30人の作家が『読書』について語りまくってます。

作家さんというのは、小さい頃から読書家なのだろうという思い込みがあったのですが、物凄い読書家とそんなに読んでない人と二極化されてたのが意外でした。でもみんな共通して「作家になってからは本が読めない」と言っていて、それはさもありなん、というカンジでした。

本というのは、世の中にいっぱいある面白いことのひとつなんですよ。ですから、私は書くことよりも読むことを大切にしたいと思っています。本を書くことを仕事にしてしまうと書くこともバトルですが、読むこともバトルなんです。まだ読んでいない本が家にたくさんあって、その前であとどれだけ読めるんだろうなんて考えてしまいます。書いてる場合じゃないなって(笑)、読むことは素敵なことなんですから。


読書家の代表格である北村薫の言葉の引用です。
そうそう!わかるわかる!!既に山のようにあるのに、日々読みたい本は増えていくし。この嬉しいような焦るような気持ち。読んでいて激しく頷いた箇所でした。ま、私は書く人じゃないから時間はもうちょっとあるけど(笑)。「読むことは素敵なこと」っていう言葉、いいですね。

----本を読むときはソファでゆっくりと?
すごい執着心というか、こだわりがあるんですよ。部屋を片付けてきれいにして、飲み物とか持ってきて大騒ぎして、読むぞみたいな。


これは横山秀夫。おんなじことを私もやってます。「あー明日は1日本読むぞ。んじゃその前に掃除すっか!」みたいな。何でしょう、一種の儀式みたいなものなのかも(笑)。


たくさんの作家がたくさんのお気に入り本を紹介していますが、私にとってはその読書遍歴よりも、作家さんたちの『本を読む』ということに対する姿勢が印象深かった一冊でした。

『蟲師』固め見


アニメの『蟲師』。正月2本立ての回と14日の回の3回分を一気見しました。夜中に部屋の明かり消して、お茶用意して、完全武装(笑)。ドップリ浸りました。

「硯に棲む白」はマンガで書かれていたミョーな実験器具がちゃんと出てきててニヤリ。モデルになった器具が京都の島津製作所の資料館に展示されていると単行本に紹介されていたので、京都旅行した時わざわざ見にいっちゃったりして、何となく思い入れがある話でした。あと、アダシノ先生の声がフリーターのケンさん(おじゃる丸)だった!いつかギンコに向かって「オイオイまったりや~」とか言うんじゃないかと思いました(笑)。

「やまねむる」は緩急・動静のメリハリがきいてました。めずらしく激しい動きがある回でしたね。前の山のヌシがとても美しかったです。この回はかなり好きかも。

「眇の魚」。あ、この話やっちゃうんだー、というのが最初の感想。色数を抑えた日本画のような印象。“ぬい”の声はナレーターの人だったんですね。なんだか線がつながった感じがしました。


あー来週DVDの1巻発売になっちゃう。まだ予約してないけど、しておくべきだろうか・・・?
通常版なら大丈夫か(笑)。あんなたっかい特装版は買いませんよ!

【カリグラフィー】エンボス!?


昨日は年明け1回目のカリグラフィーのレッスンの日。
ウェディングボードのデザインを先生に見てもらいました。2月上旬までには書き上げないといけないので、若干焦りがでてきました(汗)。

文字部分は殆ど変更なしでしたが、周りの飾り部分をどうするかで悩む。
一応グラスリッツェンの図案集とかから、デザイン候補は選んで考えてはいたんですが、新たにエンボスという候補が加わりました。

う~む、エンボスかぁ・・・。仕上がりはとても上品になるかもなぁ。
手間はかかるけど、ちょっとやってみますかー。

エンボス


お試しの練習エンボス。
ちなみにエンボスとは、紙を裏側から押して模様を浮き上がらせる技法のこと。
凸っと模様が浮き上がっているの、見えますでしょうか?



【サッカー】天国と地獄・改

録画しておいた『さんまのFOOTBALL CX』を視聴。

ああっ!!モニと巻くんとが出てる~!!

よかった、録っといて~!!
このツーショットは今までなかったと思うので、なかなか新鮮でした。
ウッチーから爆笑を取ってたモニがおかしかったです。「シャコタン」って・・・(笑)。反して巻くんは普通の人(?)みたいにしゃべってた。いつものオモシロ発言がなくてちょっと残念。

去年5月のCL決勝後にさんまがゲスト出演したFOOTBALL CXの時よりは、さんまとかびら兄さんとの調子が合っていて、見ていて面白かったです。去年の時はなんだか噛み合ってなくて、ハラハラしてたんで。

『天国と地獄』からおなじみの「サンマサン、サンマサン~」のモネールも健在だったし(笑)。あのモネールも今やビルオーナーですか~。フリエのユニが懐かしかったよ・・・。

月一番組のようですが、W杯開幕まではやるのかな?
とりあえず、この番組は保存しておくことにしました(笑)。

黄色い犬の洞窟


昨日は映画を見に日比谷へ。
『天空の草原のナンサ』を見に行ってきました。
年末に、筑紫哲也とおすぎの二人で正月映画を紹介していたのですが、その中でチェックしていた1本。ドイツ製作、モンゴルが舞台の映画です。
「拾われてきた犬と子供の交流」っていうお約束な題材ではありますが、ハリウッド映画とは違うゆったり感がとても心地いい映画でした。
ハリウッド映画を見慣れていると、何気ないシーンも次の事件の伏線なのではないのかと疑って観てしまうのですが、本当に何も起こらない(笑)。最後にちょこっと事件がありますが、それまでは、淡々とモンゴルの家族の生活風景が流れるだけ。
でもこのまったり感がまた良し。

拾われた犬「ツォーホル」は、去年のカンヌでパルムドールならぬパルムドッグ賞を受賞したそうです。後姿がすっきりとキレイなワンコ。おしりのブチが可愛かったです。
映画途中まで女の子だと信じきったていた末っ子長男も可愛かったです。

ただ。
邦題の『天空の草原のナンサ』ってのはイマイチですね。
内容から考えると、原題『黄色い犬の洞窟(The Cave of the Yellow Dog)』のままの方が良かったような気がします・・・。

【カリグラフィー】松の内を過ぎたので


正月用テンプレートは終了しました。
今度はFLASH時計付きテンプレ。
重いですか?ユーザビリティのなっていないブログでスイマセン。

もう一つ。
松の内が過ぎたので、カリグラフィーで書いた今年の年賀状を曝して羞恥プレイ。
実物には、右下に篆刻印が押してありました。
時間がなくて、デザインにヒネリがないですねー。なにせ元日になってから書いたから、気がせいて・・・。
もうちょっとオシャレにしたかったなぁ。
今年一年、また精進いたします。

2006  2006


この後は、同僚の結婚式用のウェルカムボードの作成に取り掛かります。
もう式まで2ヶ月切ってるよ!いつの間に!ヤバいっ!!


初くぐり


今日から仕事始め。朝ちゃんと起きられるか不安でしたが、大丈夫でした。
なんとか仕事のペースも元に戻って一安心。

年明けから今日の仕事始めまで、外出したのは年賀状を投函しにいった1回だけ。初詣にも行っていませんでした。うわー、ひきこもりー(笑)
なので仕事の帰りに職場近くの神社に初詣に行ってきました。もう7日なのに今頃初詣(笑)。でもま、ギリギリ松の内だし。

境内に入ったら、お社の前に大きな茅の輪が置いてありました。
わーお!茅の輪くぐりは人生初です。茅の輪をくぐると罪穢が祓われるのだとか。
早速くぐって御参りして来ました。

今年一年、息災で過ごせますように。

茅の輪宵闇の神社

【本】日本文学ふいんき語り


正月休み最後の日。明日から仕事始めです。
うおー、マニックマンデー(金曜日だけど)。サザエさん症候群(金曜日だけど)。仕事は嫌いじゃないけど、ダラけた生活リズムを元に戻すのはめんどくさいですねー。
なので、ちょっとだけ現実逃避で1日読書。
先月朝日新聞のコラムで紹介されていた本を読了しました。


日本文学ふいんき語り
麻野 一哉著 / 飯田 和敏著 / 米光 一成著
双葉社 (2005.12)
ISBN : 4575298611
価格 : ¥1,680


「雰囲気」ではなく「 ふ い ん き 」だそうです。検索の時には気をつけて。
「名作文学のゲーム化」を体裁として、三人のゲーム作家が座談会形式で作品について評論をしていくという内容。
俎上に載っているのは『文豪の部』が9作。『ベストセラーの部』が4作です。
文芸評論家の文学談義じゃないので、色々脱線するのが丁度良い息抜きになりました。

読んでいて、メンバーのテンションが文豪編の方が高かったように思います。それだけ作品エネルギーが強いってことなんでしょうね。私自身、気になるところに付箋を貼ってましたが、読み終わって気が付いてみたら文豪編にばかり貼りまくっていました。

一番面白かったのは、江戸川乱歩『人間椅子』の回。
中でも、「マッサージチェアは近い内に人間になる!」と断言していたのには、大笑い!確かにあの高機能椅子は中に人間が入っていると疑われてもおかしくありません。想像すると二度と座れなくなりますが。ぎゃー(笑)。

何度か記事で書いてますが、今年の私の読書目標は「純文学に挑戦」。というより「日本文学の名作に挑戦」か。
やっぱり名作と呼ばれるものは、敷居が高く感じるし、国語の教科書っていう最初のつまずき(授業でやるとまったく面白く感じなくなる)があるからとっつきにくかったけど、この本で「名作ってヘンなんだ!」、「文豪ってヘンな人」という事が分かって良かったです。・・・ン?良かったのか(笑)?
今の売れっ子作家たちも、このヘンな系譜の末裔なんだと思えて、翻って「名作」も手に取りやすくなった気が。
今年の読書目標もちょっとなんとかなりそうな予感がしてきました(笑)。

この本の前作だという『ベストセラー本ゲーム化会議』もそのうち読んでみよう。

【サッカー】しょっくー


相馬「大観衆の前でプレーしたい」
浦和は5日、東京VのMF相馬崇人(24)の完全移籍での獲得を発表した。
(nikkansports.com 2006-01-05のニュースより)



東京ヴェルディの相馬が浦和に移籍だって!!!

ぐわーん。超ショック~~~!!

あの子のプレーが大好きなので、ヴェルディの選手の中では応援してました。サイドのドリブラーが好きなんです。
Fマリがオファー出してるって聞いていたので、そっちで決まりかと思っていたのに。レッズじゃ素直に応援できない・・・

でもこれで、代表への道がちょっと開けたのかなぁ。
しかしいろいろフクザツだよー(泣)

【本】ちぇきらー


今日は、年末に録画しておいたCS「ミステリチャンネル」の『闘うベストテン2005』を視聴。
6人の評者で2005年のミステリベストテンを決める番組でした。国内編と海外編あり。
初めて見たんですが、皆の意見が割れてたり、一人のイチオシ意見が「じゃあそれでもいいよ」ってカンジで通っていたりと、あんまり民主的ではない決め方でした(笑)。面白かったけど。
番組見ながら気になったものにチェック。


<国内ミステリ編>

黙の部屋」 折原一
笑酔亭梅寿謎解噺」 田中啓文
モーダルな事象」 奥泉光
シャングリ・ラ」 池上永一

「笑酔亭…」は『タイガー&ドラゴン』の元ネタではと疑われていた。ク○カン、パクっ……あーえーうー(笑)。

<海外ミステリ編>

アジアの岸辺」 トマス・M・ディッシュ
最後の審判の巨匠」 レオ・ベルッツ
神と野獣の都」 イザベル・アジェンデ
クライム・マシン」 ジャック・リッチー
カジノを罠にかけろ」 ジェイムズ・スウェイン
偶然のラビリンス」 ディヴィッド・アンブローズ
サルバドールの復活」 ジェレミー・ドロンフィールド
輝く断片」 シオドア・スタージョン
後、作家でヒラリー・ウォーとグレッグ・ルッカ


あまりミステリーは読まないのですが、今年は小説を読もうと思っているので、ちょっとでも引っかかったものにチェックいれてみました。とはいえ絶対に全部は読めるハズはナイ(^^;)。とりあえず、1冊ずつ図書館で借りてみて、つまみ食いしてみようと思います。
多分「笑酔亭…」は近々に読むような気がしますけど。あと「黙の部屋」。美術ミステリは好きなのです。

しかし評者たちの言う、本格ミステリ・新本格ミステリ・バカミスの違いが分からないのですよねー。もしかしてここから勉強しないとダメ?(笑)

あけました


あけましておめでとうございます。
今年もボチボチがんばります。

しかし日ごろのクセになっているのか、今日までは更新お休みと自分で決めておきながら、休みの間もブログ記事のネタを気が付くと探してたりして(^^;)。忘れないようにメモとっちゃってる自分がおかしい(笑)。

そんな今年の正月は・・・

1/1

年賀状作成
え、今頃・・・。
本1冊読了
水晶球を抱く女」(『英国妖異譚12』)。およそ正月らしくない(笑)。中途半端な終わりだなーと思っていたら続き物でした。だんだんストーリーが重層構造になってきました。
ガンダム視聴
テレビの再放送を録り溜めていたのが6時間ぐらいになってしまった。3~5話辺りを視聴。シャアの載っているムサイの艦橋が、悪の秘密基地みたい(笑)。映画とは色々ちがってて面白いです。
ウィーンフィルのニューイヤーコンサート視聴
ながら見でしたが。華麗で豪華。ラスト2曲の「美しき青きドナウ」、「ラデツキー行進曲」はやっぱり盛り上がります。

1/2

ガンダム視聴。
ひき続き。「ルナツー脱出作戦」で、ブライトとアムロのWライダーキックみたいのがあって大爆笑。なんだかこの辺りはまだ、巨大ロボットアニメのテイストが残っていたみたい(笑)
読書
森福都の「狐弟子」。短編集なので途中まででストップ。

寝坊してデパートの初売りは断念。もういっか。仕事始まったら、帰りにバーゲン行こうと思います。
夜に「英語でしゃべらナイト」を見てたら、アキバにちょっと行ってみたくなった。久しぶりに見たので、しゃくちゃんも、松本アナも英語が上手くなっててビックリしました。

1/3

録画しておいたフィギュアスケートの番組を視聴。
往年の名選手の演技も放送するというので見ました。やっぱりフィギュアはNHKの中継が一番いい。安心して見られました。森中アナの実況と五十嵐さんの解説が一番落ち着きます。
久しぶりに観たキャンデロロ!華がありました。大好きだったトービル・ディーンの「ボレロ」もやってくれて嬉しかったです。ちょびっと編集されちゃってたけど。
ビデオ大活躍
夜9時から11半時が大忙し。
HDDレコーダーで「新選組」。私は番組を見ていないんですが、家族に頼まれました。
ビデオ1で「里見八犬伝・後編」。前編を見たので。なんだか「仮面ライダー」みたいでした・・・。タッキーはキレイな顔をしているなあ。
「八犬伝」というと、個人的には碧也ぴんくのマンガのイメージが強いです。
ビデオ2で「古畑任三郎FINAL」。やっぱり最後だし。
ビデオ3で「とんねるずのスポーツ王は俺だ」。サッカー日本代表が出るというので、そこを見るだけのために。ああ、なかざわにーさん、やっちゃった・・・(笑)。サントスって面白い人だったのね。
テレビで「もうひとつの決勝戦」を視聴。2002年サッカーW杯の決勝の日、世界最弱を決める試合も行われてました。ブータン対モントセラト。FIFAランク202位対203位の対決です。その試合当日までを追ったドキュメンタリー。日本の作りと違う、適度なドライ感が良かったです。「国民が幸福になるようにするのが政府の責任」と言い切った、ブータンの首相兼サッカー協会会長の言葉が印象に残ってます。日本こう言い切る政治家はいるのだろうか・・・?

テレビ番組的に、今年1年でもっとも忙しい2時間半だったと思います。・・・ってまだ3日だよ!
切実にW録HDDレコーダーが欲しくなりました。



こんなカンジで、予定通り怠惰に過ごしました。
仕事始めにはまだ休みがあるので、もうちょいダラダラ過ごします。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事+コメント

Twitter

neghino

カテゴリー

読みました

atomの最近読んだ本

読んでます

atomの今読んでる本

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ねぎ

QRコード

QRコード