2006-07

【おでかけ日記】写真展


昨日は浦和へ。
赤い悪魔(浦和レッズ)の本拠地に足を踏み入れるのは吝かではあるのですが(笑)、写真をやっている友人が個展を開いているので見に行ってきました。

写真展場所は旧中仙道沿いの古い蔵を改造したギャラリー。古くて太い梁や、皹のわれた土壁がいい雰囲気を出していました。
着いた時には他にお客さんがいなかったので、「これは何処で撮った」、「これはここを目当てにとった」と友人の解説付きで鑑賞。やわらかな画面の優しい視線の写真が多かったです。
きっと私だったら目の行かないような部分に視点が当てられていて、「彼女はこういうところにフォーカスをあてて世界を見ているんだなあ」と新たな発見もありました。
次の個展も楽しみにしているからね。

人のふり見て我がふり直せ。
私もカリグラフィー頑張らないと・・・。

お手伝い
私自身はなんの手伝いもできないので、ハチとクーを店番として派遣しました。
それなりに頑張っていたようです。


芳名帳に記入のお願いをするハチ(右の黒い方)。
おとなりは友人宅の長老、リヘイさん(左の茶トラ)。

調神社
せっかく浦和へ出向いたのでついでに調神社(つきのみや・じんじゃ)へ。
はからずも月に一度の骨董市開催の日でしたが、行った時には店じまいの時間でした。残念。
お参りだけしてきました。
調神社はうさぎがシンボル。
門前の守護も狛犬ではなくうさぎでした。


スポンサーサイト

この夏何見る?


この夏の映画、あとは何を見ようかと思っていたら、ちょうど今日の朝日新聞朝刊で『夏だアニメだお薦めは?』という4人の評論家による今夏のアニメ映画の批評記事が載ってました。ナイスタイミング。

主な紹介作品は『ブレイブストーリー』、『ゲド戦記』、『カーズ』、『時をかける少女』。
『ブレイブ・・・』はもう見ちゃったからいいんですけど、宮崎駿の息子さんが監督をしたという『ゲド』はやっぱり力量不足みたいですね。うーん、見に行くのやめてレンタルに落ちるの待とうかな。
新人監督に大作をまかせるというジブリの心意気は買いますが、大監督の息子という関係がなくても新人に監督をまかせるという英断が出来たのか疑問ですね。

反対に、アニメ評論家の2人が推していた『時をかける少女』が急に気になりだしました。今までまったく興味がなかったんですが。
『時かけ』の監督さんって『ハウルの動く城』の当初の監督さんだったそうです。宮崎版『ハウル』には納得がいかなかったので、この人の『ハウル』がちょっと見てみたかったかも。

8畳間は300W必要です


2週間ほど前に、部屋の照明が壊れました。
最初はグロウが切れたのかと思ったので、グロウを交換。点かない。
じゃあって蛍光灯を交換。点かない。
どうやら本格的にダメのようです。

昼間は問題ないけど流石に夜は明かりがないと困るので、苦肉の策で夜中の読書用に使っていたクリップライトを鴨居に取りつけて使っています。
しかし私の部屋の広さなら本来は300Wは必要(白熱灯の場合)なのに、このクリップライトは60W。暗い。
オシャレな部屋であれば「間接照明~☆」とか言ってはしゃぎもしようが、生活感フル装備のマイルームでは雰囲気ブチ壊しです(笑)。

一応ハンズだの無印だので照明を物色しているんですが、なかなか決められません。
まあ、だいたいの値段を見た限りでは1万円前後の予算で済ませられるとは思うんですが。

このままじゃ私の視力がヤバいことになるので、早いとこ買わないとまずい。しかし、その前に思わぬ罠が立ちはだかっているのです。
その名は“夏のバーゲン”

照明は買い渋るのに、6000円のサンダルと7000円のバッグを買う決断はすごぶる早い(笑)。
おそるべし。バーゲントラップ。

つか、もうホントに照明買いなさいよ、自分。

【マンガ】2006-07月発売チェック


07/04  ONE PIECE・42/尾田栄一郎(集英社)
07/04  D.Gray-man・8/星野桂(集英社)
07/14  魁!!クロマティ高校・17(完)/野中英次(講談社)
07/14  ハチミツとクローバー・9/羽海野チカ(集英社)
07/19  キャプテン翼短編集-DREAM FIELD-・2/高橋陽一(集英社)
07/21  ぼくと未来屋の夏・2/武本糸会(講談社)
07/22  鋼の錬金術師・14/荒川弘(スクウェア・エニックス)
07/26  ケロロ軍曹・13/吉崎観音(角川書店)
07/29  密告/藤たまき(新書館)
07/下  お振るいあそばせ!/鈴木有布子(新書館)


全部買うわけじゃないですが。

W杯祭りにかまけて7月発売分のチェックを怠っていたので今頃の記事UPです。

うわお。『ハガレン』明日発売じゃん。危うくスルーするところでした。
久々の藤たまきの新刊も発売です。痛い話じゃないといいんだけど・・・。しかしタイトルからして既に痛そうだ。
一応チェックはしましたが、実際に買うのは少なそうです。

って『クロ高』終わってたの?



〔参考サイト〕
太洋社 コミック発売一覧

テンプレチェンジ


使っているテンプレの改訂版が出ていたのでそっちに変更してみました。
前のより写真がより夏っぽいのと、記事間の境がハッキリしているので。

コロコロ替えてスミマセン。
これで涼しくなるまでは変わらないと思うので・・・。


サイドメニューも、昨日までFirefoxではbk1のランキングの表示不正が起きてたんですが、いつの間にやら直った様子。
ナゼだ?
ここのところ、西尾維新の『戯言シリーズ』BOXセットがランキングに入っているとずーっと表示がおかしかったのでした。ランク外になった途端直ったところを見ると、『戯言』の呪いだったのか・・・?


【おでかけ日記】2本立て


週末にネットでチケット予約しておいたので、昨日はシネコンで映画を2本ハシゴしてきました。
何を見たかというと『ブレイブストーリー』と『トリック2』。
これまた微妙なチョイスの2本(笑)。


『ブレイブストーリー』は宮部の原作を読んでいたし、19日の記事でも書いたGONZO製作ってことなので見てみました。あ、「めざましテレビ」で大泉洋とウェンツ瑛士が何度も番宣してたんで、見なくちゃって刷り込まれたのかも(^^;)。

まー感想は。狙ってるターゲットがよく分からない映画だったかな。
小学5年生を主人公にしてテーマが“自分の中の良心と悪心との相克”。「自分の望みのためならば、何ものであっても犠牲にする」ことを肯定するのか否定するのか。夏休みの子供アニメとしてはテーマが難しすぎるし、理解できる大人ではアニメという点がひっかかる、そしてアニメファンをターゲットにするには声優陣が微妙と、何かが少しずつ足りません。

ヴィジュアル的にはとても完成されていて見ごたえがありますが、さすがに2時間であの原作のボリューム内容を詰め込むのは無理なのではないかと。原作のポイントをかいつまんで、その上さらに引き伸ばしているので、製作コンセプトと同じ様にストーリーも何か足りない。足りないまま話は進んでいくのに、反面クライマックスにかけては急に盛り上げているから、物語の力点バランスが良くないという印象です。最後の方は「スクリーンの向こうだけで盛り上がってんなー」って思われんじゃないかなぁ。原作を読んでる人なら脳内で色々補完されるとは思うけど。

画面の迫力を楽しむという点では映画館での鑑賞をオススメしますが、1800円の出費には納得できない、といったところでしょうか。ま、私は1000円で見たんですが。
でも思っていたよりウェンツは悪くなかったです(笑)。マツタカの方がよっぽど違和感が・・・(言っちゃった)。

ちなみに私の前の席の小学生は終わった途端「はぁーよく寝た!」と言っておりました。ほらね。


もう1本は『トリック2』。
もうね、これにはね。
ス ト ー リ ー は 求 め て い な い の !!

もはや『トリック』に求めるものは、ノリと小ネタと矢部警部のハゲ隠しだけ(笑)!

今回の映画にちりばめられたネタの数々。
(一応隠してあります。OKな人はドラッグプリーズ)
↓↓↓
ゆーとぴあ
ハっとしてグッド
スチュワーデス物語
とっとこハム太郎
ONE PIECE
幸せの黄色いハンカチ
北斗の拳
キン肉マン

↑↑↑

私が覚えているだけでもこの位。見に行った方、他にもあったら教えて下さい。
となりの女子高生は「とっとこハム太郎」で「かなりウケる~(笑)!!」と申しておりましたよ。堤プロデューサーも本望であろう(笑)。

内容についてはね・・・。
1と同じく、やっぱりテレビサイズの内容ですね。そして犯罪の仕掛けの方の“トリック”は1より更にショボ・・・(^^;)。
あのノリは嫌いじゃないですけど(むしろ好き)。
内容以外のところで遊びすぎでした。



今回からこの系列のシネコン会員になったので、ガスガス映画を見てポイント貯めることにしよう。
とりあえずこの夏は『ゲド戦記』と『パオレーツ・オブ・カリビアン』、あと『笑う大天使』かな?

【サッカー】第13節


[第13節] アビスパ福岡 0-0 FC東京

不安的中。
直前のFC東京ホットラインで、「まだシステムがしっくりきていないけど福岡戦までに・・・」って言ってて、
今頃そんなこと言ってんのか!!つか中断中は何してたんじゃぁっ!!
ってプチ激怒していたんですが、やっぱりな結果に。

もう言っちゃっていい?
ガーロって東京には合ってないんじゃない!?
いつまでもヒロミヒロミ*言うつもりはないけど、少なくとも今は東京らしくないと思うのです。
(*ヒロミ=原博美前FC東京監督)

とりあえずは石川ナオの復帰を喜ぶか。
でもFW・・・。


【本】ジャムはそこにいる


先月CSで『戦闘妖精雪風』が放送すると知って、契約している兄に録画を頼んでおいたのですが、やっと手元に届いたので早速DVDに焼きました。

私は『雪風』は原作から先に入った人間なので、アニメ版のあのキャラクターデザインにはかなり抵抗感あり。主人公の零は優男で前髪うっとうしいし、ブッカーさんが30代じゃ若すぎだ。40~50代くらいのもっと年配の人であってほしかったよ。
しかしGONZOが製作なだけあって、クオリティは高かった。ながら見しててもいつの間にか見入ってしまうことしばしば。緩急のつけ方がとてもうまいし、なにより戦闘シーンがとてつもなくかっこいい・・・。1回見ただけでは何が何だかよく理解できないですが(^^;)。
アニメ化を聞いた時は深井零役の堺雅人はまったく知らなかったのですが、声優初挑戦の割りにとても上手いなーと思ってました。ま、多少ウェットな演技ではありましたが。その後大河ドラマ『新撰組!』で大ブレイクしててかなりビックリしました。

原作はかなり専門的かつ哲学的そしてストイックですが、ものすごい吸引力のあるSF小説。一度読み出すと止まりません。個人的には原作を読んでからアニメ版を見る方がより分かりやすいと思います。

ちなみに今日の記事タイトル「ジャムはそこにいる」は原作中の決めゼリフです。


  戦闘妖精雪風 OPERATION1
  バンダイビジュアル(2002.08)
  価格 : ¥6090

戦闘妖精・雪風〈改〉
神林 長平著
早川書房 (2002.4)
ISBN : 4150306923
価格 : ¥735

グッドラック
神林 長平著
早川書房 (2001.12)
ISBN : 4150306834
価格 : ¥903


明日は水曜レディースディなので映画を見に行ってきます。週末にネットで予約を取っておきました。やー最近は映画の席取りもラクになりましたねー。

【サッカー】いろいろ

W杯が終わったんだからそろそろ別の話題を、って思ってたんですが、今日は色々とサッカー的話題の豊富な日だったので触れずに終わるわけにはいかない。
てことで今日もサッカー話ですいません。


1)セリアA疑惑
裁定が出ましたね。
ユベントス : リーグ優勝無効、2部降格、勝ち点30点減点、CL参加資格取り消し。
フィオレンティナ : 2部降格、勝ち点12点減点。
ラツィオ : 2部降格、勝ち点7点減点。
ACミラン : 勝ち点15点減点、CL参加資格取り消し。
これによって選手の移籍が多くなるだろうということですが、デルピエロはユーベ残留の意思を示しているとか。・・・デルピ・・・(泣)。
コレといい、W杯決勝戦のことといい、今年のイタリアサッカー界はお騒がせですな。
しかし、マテラッツィの「バカンスに行くからFIFAの調査日程を早めて」って行動はどうなん!?どんどん自分の首を締めているような気がするんだが・・・?


2)JOMOオールスターサッカー!!
J EAST 4-1 J WEST
 MVP : 中澤
 敢闘賞 : パウリーニョ
 MIP : 巻
もちろん今年も副音声で観戦です(→05-10-10の記事参照)。
副音声ゲストは中山ゴン(最早準レギュラー 笑)、巻、小野、川口、佐藤寿人、玉田。
昨年に比べるとかなり少なかったし、あんまりしゃべるキャラじゃない人が多かったんで、ちょっと残念。もちろんゴンは別。マシンガントーク全開。
でも、後番組の中田引退特番を意識してか、みんなに中田について聞いていたのはメディアの色気が前面に出ていてイヤな感じ。やべっちがいればもうちょい上手くオブラートに包めてたと思うんですが。

試合内容はやっぱりゆーじにーさんのFKにつきますね。あんなに笑いをとったゴールは初めてみた(笑)。あと小林大悟はよかったですね~!選んであげてオシム!話題の新人、18歳内田くんは副音声に夢中であまりよく分からなかった(^^;)。
東京から選出されたモニと土肥さんも楽しそうにプレーしてました(^^)。


3)中田引退番組
見ました。
番組の主旨からしてしょうがないとは思うけど、中田礼賛番組で終始しましたね。
中田は自分を表現したい、表現したことを齟齬なく受け止めて欲しい人なのかなー、と思いました。
彼の試合中のプレーにはプロ意識が漲っていたし、真剣さはTVを通してでも伝わってきたから、引退は本当に残念に思っていたけど、引退発表からこんなにすぐ、しかもあんなに作りこんだVが出来ているっていうのが、却って用意周到すぎてなんだか素直に受け止められないなー。


4)読んでます
個人的事項ですが。
『オシムの言葉』読み始めました(笑)。

とりあえず


W杯ひとり祭り終了に伴い、とりあえずテンプレートだけ変更。
夏っぽく夏っぽく。

【W杯】決勝戦:イタリア×フランス


決勝戦 イタリア 1-1 フランス
         (5 PK 3)



前日から寝ずに夜中の特番を見て、そのまま観戦へと流れ込みました。おかげで寝たのは朝6時過ぎ。今日仕事休みでよかった・・・(^^;)
多少フランスが押し気味でしたが、両チームともいいパフォーマンスで面白い試合ゲームでした。今まで観戦したとはいっても、ゲーム途中に居眠りしたこともいっぱいあったのですが、流石にこのゲームでは一度もそんなことにはならなかったです(笑)。
特にフランスはトッティを完璧に抑えてましたね。だってトッティが交代するまでどこにいたのか本当にわからなかったもん(^^;)。対してイタリアはカンナバロが鬼神のごとき働きぶり。なんじゃ、あの読みの早さは。カンナバロとブッフォンがいれば、そりゃゴールに鍵を掛けられるってもんですわ。

でもフランスは何度もゴール手前まで攻めていきながら最後の最後でパサーとキッカーが噛み合わない場面が多かった。得点も前半のPKでの1点どまりだったし。中盤とFWが合ってないという話は聞いていましたが、そうか、こういうことだったんですね。

結局1-1のまま延長、PKまでもつれたわけですが、正直今までの呪いがあるからイタリアが勝つとは思っていなかったですよ(^^;)。


しかしなぁ。
イタリア優勝おめでとう!
・・・とは素直に言えないゲームになってしまいましたね。

ジダンの頭突き。
我が目をうたがった。

きっとマテラッツィがジダンに何か言ったのが原因だと思うんですけどね。
レッド退場を受けて、優勝トロフィーに背を向けて控え室に下がっていくジダン。見ていて淋しくなっちゃった。こんな風に現役が終わるなんてねぇ。
しかしあんなパッキリとした報復行為しちゃったらね。アメリカ大会のベッカムより目立ちすぎ。

頭突きの瞬間までは実力の拮抗したとても面白い試合だっただけに、とっても残念。後味の悪い試合になってしまいました。
うーん、新たな因縁発生にならなきゃいいけど。


とにかくこれで全日程終了。
お祭りもおしまいです。
ああ、淋しいなぁ・・・。

【W杯】三位決定戦:ドイツ×ポルトガル


三位決定戦 ドイツ 3-1 ポルトガル

三位おめでとうドイツ!・・・おめでとう、でいいよね?
開幕前にはこれほどの成績は期待されていなかったのだから大成功の部類に入るでしょう。
地元開催で優勝までしちゃったら出来すぎな感がありますが、三位ぐらいが適度で大成功なんじゃないでしょうか。
きっとシューマッハーも大喜びさ(三決を観戦してましたね)。


このゲームは攻守の切り替えが早くて、見ていて退屈しない内容でした。
でもやっぱり三決だから、両チームともちょっと覇気がなかったかなぁ。

お久しぶりのオリーも大活躍でした。なんだか声援もすごくて、確か人気は地に落ちたって話を以前聞いてたのに一体いつの間に復権したんだ?
アルゼンチン戦で、レーマンを激励したのが功を奏したのかしら。だとしたら、意外とドイツのヒトも浪花節なのね(笑)。

やー、それにしてもC.ロナウドへのブーイングはすごかったですね(笑)。所属のマンUが放出考え中っていう話は頷けますが、世間一般的にも批難を浴びてるようです。しかし本人はそれをさほど気にしていないってのが強心臓。それが好きかどうかは別の話ですが、すんごい21歳です。

しかしバラックはまたしてもW杯の最終ゲームに出場できなかったのか。・・・不憫なおヒトや(泣)。早いトコひざを治して、移籍先のチェルシーではがんばって欲しいです。バラックの剛柔併せ持ったプレー、好きなんです。


最後にひとつだけ。
ドイツチームに関しての謎が残ったままで非常に気になっているんです。
いつもクリンスマンの横にいたスタッフのヒト。
なぜ彼はいつもピッタリしたワイシャツを着ているのか?
TVに写るたび、いっつも目が行って気になってしょうがないんですが。
誰か教えてー(笑)!

【サッカー】見逃した!


ぐ お あ あ あ あ っ ! !

今日の『きょうの世界』(BS1)の放送内容、オシムだったのに!
7/6「オシム・紛争が育てたサッカー観」
ていうのだから、絶対見ようって思ってたのに!

『我輩は主婦である』の録画なんか見ちゃって見逃した~!!

ぐおうあああ!
自分が許せーん!

番組HP見に行って確認したけど、報道番組だから再放送はしないんだそうです。
ああ・・・。
しょんぼり・・・。

【W杯】準決勝:ポルトガル×フランス


準決勝 ポルトガル 0-1 フランス

地 味 。

な試合でした。

ジダンの引退がかかっているから話題性は高いですが、内容的には両国とも攻め手に迫力がたりなかった。
いつものポルトガルの、繋げるサッカーが出来ればフランスには勝てたと思うんですが、このゲームでは繋がってませんでしたね。
結果的に「PKでの1点が決勝点」っていうところに、この試合の内容が象徴されてるような気がします。R.カルバーリョ痛恨のタックル。

ぶっちゃけ言えば。
つまらなかった、ってことなのです。


これで決勝はイタリア×フランス。
ベテランの中盤が気を吐いているフランスですが、FWの調子が上がっていない分イタリアに分があるかな。
勝つのはどっちだ。

とかいって。
個人的には3位決定戦のドイツ×ポルトガルの方が楽しみなのですが(^^;)。

【W杯】準決勝:ドイツ×イタリア


準決勝 ドイツ 0-2 イタリア

やっぱり私が応援したせいでドイツが負けたのか・・・。
すまんドイツ。

正直PKまでもつれて、100%ドイツが勝つって思ってました。なんてったってレーマンがいるし。
しかしドイツは2試合連続の延長で、さすがに体力消耗が激しいよね。最後の方、バラックは殆ど動けていなかったし。ポドルスキがシュートを外しまくったのもイタかった。なんじゃアレは。タカハラが乗り移ったとしか思えん(^^;)。

延長後半最後の10分間のドイツは、オーストラリア戦での日本を見ているみたいで切なくなりました。精神力が壊れる音が聞こえてくるようだった、ううう・・・(泣)。

優勝はなくなっちゃったけど三位決定戦がまだあるので、ドイツはもうひと頑張りして欲しいです。挫けてるヒマないぞ~!

さーて。イタリアの相手はフランスか、ポルトガルか。

あ。
マテラッツィはルパン三世に似てると思ったんですが、カモラネージはいずみもとやに似てませんか(笑)?

【サッカー】おつかれひでさん


びっくりした。
なにがって。

報 道 の 大 き さ に 。

中田ヒデが引退発表しましたね。
しかしマスコミ騒ぎすぎでは。
確かに大きなニュースではあったけど、ニュース速報までするとは。
ヒデにここまでするんなら、中山ゴンちゃんが引退するときにも速報流してくれよ~!

それにしても、ヒデは最後まで自分の美学を貫いた人でしたね。なんだか絶頂期に引退したキャンディーズのようです(トシがバレる ^^;)。
私個人の考えとしては、絶望を味わったこの地点からあがいてもっと高い地点を目指して欲しかったし、ここからあがく選手の方が好き。

ま、才能のあるトップ選手の引退という意味ではとても残念です。

おつかれさまでした。
ゆっくりW杯観戦してください。


【W杯】4強出揃いました


いよいよ4強が決まりました。
対戦は以下の通り(日本開催時間順)。

7/5 ドイツ×イタリア
7/6 ポルトガル×フランス

フランス来たよー!
いくら調子が上がっていないとはいえブラジルはフランスに勝つだろうと踏んでいたので、朝のニュースを見て「ぎゃーっ!マジ!?」と叫びましたよ(笑)。
ま、今大会フランス戦は1試合も見ていないので、報道されている以上のことは何も知らないんですが。ベテランが効いてるっていうのはわかるけど、「オジサン三銃士」ってフレーズはヒドくないですか、朝○新聞さん・・・。
ポルトガルには走り回るC.ロナウドがいるから、オジサンは対応が大変そうですね。ガンバレー。

もう1試合はドイツ×イタリア。
ガチンコっぽいですねー。
ドイツには序盤からガツガツ点を狙っていって欲しいです。


さて、決勝はどこがくるのかな?
どこを応援しているかは書かないゾ。
呪いかかっちゃうからね(笑)。

【W杯】準々決勝:イングランド×ポルトガル


準々決勝 イングランド 0-0 ポルトガル
              (1 PK 3)


'98大会のベッカム、レッド一発退場。そしてイングランド敗退。

歴 史 は く り か え す の か

ルーニーが退場になった時、誰もが思ったことでしょう。
そしてその通りになりました。

あれだけのタレントを揃えていながらも、オーウェンの負傷離脱によりFWの采配には悩みを抱えることになったイングランド。皮肉なことです。こんなことなら17歳のウォルコットなんかじゃなくて、もっと経験のある選手を選んでおけばFWの枚数として数えられたのに。

しかし思えば、イングランドはタレントが揃っているからこそチームとしてはイマイチだったのかもしれません。
それをなんとかまとめていたのがベッカムだったのに、その彼が負傷交代してからは、空中分解。
これがチェルシーだったらランパードが、リヴァプールだったらジェラードがキャプテンシーを発揮できたと思うのですが、お互い遠慮ぎみというか、存在感を消してた感がありました。
だからPKになった時も、正直入る気がしなかった。

まあ、ここはデコ、コスティーニャを欠いたままイングランドに勝ったポルトガルを褒めるべきでしょうかね。

イングランドが優勝したらクラウチのロボットダンスを踊ると公言していたブレア首相。クラウチのダンスは見たくないけど、ブレアさんのは見たかったかも(笑)。


しかし、二晩連続の延長PK戦観戦はキツイ・・・
もっとコンパクトでダイナミックなサッカーがみたいんですがねぇ。

【W杯】準々決勝:ドイツ×アルゼンチン


準々決勝 ドイツ 1-1 アルゼンチン
          (4 PK 2)


あ り が と う 、 さ ん ち ゃ ん !!

私より彼の呪いの方が強かったようです(^^;)。

はー、疲れる試合でした。
それにしてもやっぱりドイツは底力があるなぁ。
先制されても動きは落ちないし、監督もFWを投入してガンガンハッパかけてるし(笑)。
そしてそれをちゃんと決められる決定力。
「絶対勝つ!」っていう、ものすごい意思を感じました。
「絶対に負けられない試合」ってのはここにあったんだ・・・(苦笑)。

これでドイツは勢いが加速するような気がします。
お願い!バラックを決勝へ連れてって!!


しかしアルヘンティナも好きなのよ。
相手がドイツじゃなけりゃ確実にこっちを応援していたけど。
ま、今日はサビオラもアイマールもメッシもいなかったので、気兼ねなくドイツを応援してましたが。


さてドイツの相手は、イタリアか。ウクライナか。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事+コメント

Twitter

neghino

カテゴリー

読みました

atomの最近読んだ本

読んでます

atomの今読んでる本

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ねぎ

QRコード

QRコード