2006-08

【おでかけ日記】美術館をはしごする


夏休みも今日で終わり。学生さんは宿題はすませたかしら?
ちなみに私は出来るものはさっさと済ませるけど、苦手なものは最後の三日までとっておくタイプでした、アハハー。
この夏の遣り残しを一掃という訳ではないですが、前回記事の予告どおり展覧会のハシゴを昨日決行してきました。
版画家・川瀬巴水
写真家・石川賢治
挿絵画家・伊藤彦造

3つも展覧会に行ったので無駄に長いです。
こんな感じの人たちに興味があるかただけ続きをどうぞ。

Read More »

スポンサーサイト

アカデミックに行こう


先日、新聞でチラっと見ただけの“川瀬巴水(かわせ・はすい)”の展覧会の情報を調べるんでgoogleで検索かけてみました。

<大正・昭和の風景版画家 川瀬巴水展>
  ニューオータニ美術館
  現在開催中~9/3まで


川瀬巴水は近代の風景作家です。とても叙情的な画風で最近特に人気だそうです。かくいう私も最近知ったばかりなので人のことはいえませんが、せっかく展覧会をやるというので見に行ってこようと思います。
この人の色使いがとても美しいのですよね~。

平日の仕事が休みの日に「川瀬巴水展」と根津の弥生美術館で開催中の「伊藤彦造 追悼展」のハシゴをする予定です。
ていうか、もう期限に余裕がないので今週中に行っとかないと(^^;)


で。
「川瀬巴水展」の確認のためにニューオータニ美術館のWEBサイトにも見に行ったんですが、なんと。
次の展覧会はアンリ・リヴィエールの「エッフェル塔三十六景」ではないですか!!
うっわ、マジで!?

<パリの浮世絵師アンリ・リヴィエール 『エッフェル塔三十六景』>
  ニューオータニ美術館
  9/9~10/22


「エッフェル塔三十六景」は、葛飾北斎の「富嶽三十六景」の影響を多大に受けたフランス人画家アンリ・リヴィエールによるリトグラフ集。富士山を背景に描かれた江戸風景画である「富嶽三十六景」に対して、こちらはエッフェル塔を富士山に見立ててパリを描いた風景画シリーズです。
以前『美の巨人たち』で「エッフェル塔三十六景」を取り上げた回を見て以来ずっと気になっていたのです。図版集があると聞いて図書館に頼んで探してもらったのですが、公共図書館では残念ながら所蔵なし。都内では東京都国立近代美術館の図書室に所蔵があるという話だったので、その内行って閲覧してこようかと思っていたのです。わーいラッキー☆
一枚一枚が浮世絵というよりもグラフィックデザインのようで、とてもオシャレだったんですよねー。
こっちも楽しみ!

【マンガ】2時間400円マッサージ付き


仕事でパソコンを使ったり家でネットやったりと、目を酷使しすぎなためか、肩こりと首の痛みがヒドいことになっています。右を向くと痛い、上を向くと痛い。首と右肩の凝りはもはやデフォルト仕様。6月に記事にした瞼がビクビクするのもどうやらコレが原因のようです。

その内なんとかなるかなーなんて気楽に考えていましたが、どうにもなんともならないので(当たり前だ)、とうとうテコ入れ。近所の接骨院に通うことにしました。
電気治療とマッサージを受けて施術は1時間弱。通い始めたばかりだし改善にはまだまだ遠そうです。

しかし世の中には、病気でなくとも体の不調を抱えている人が多いのですね。
患者さんが多いせいか、施術時間が長いせいか、けっこーな時間待たされます。
そんな中、超ラッキーな事が☆
なんと待合室に『BLEACH』が全巻揃ってた!!
わ~い!

BLEACH 1
久保 帯人著

『BLEACH』は人から4巻ぐらいまで借りた後、読んでなかったのです。その内レンタルで借りて読もうかと思っていたところだったので渡りに船。考えようによっちゃ、マッサージ付きのマンガ喫茶?いやお茶は飲めないから「喫茶」ではないか(笑)。
接骨院に通い始めてまだ3日ですが、この3日で一気に16巻まで読みましたよ(笑)。
うん、やっぱり少年マンガは一気読みに限るね!

久しぶりに読みましたが『BLEACH』もやっぱりジャンプっぽいマンガですね。「友情・努力・勝利」がジャンプのモットーでしたっけ?
お話、絵共に緊張と弛緩、タメとスカシがあって上手い。先を読ませる吸引力があります。
ビジュアル的には一護の刀の化身のオッサンが好きかもー。
あとチャド。あんなデカいナリして小さいもの好きってあたりにココロがくすぐられる(笑)。
続きは月曜日の治療の時に読んできます。どこまで読めるかなー?

しかしなんで『BLEACH』だったんだろう?
他に置いてあったのは『しっぷうどとう』とか『タッチ』とか『クッキングパパ』とか『ハッピーマニア』(!)とかだったんですけど(笑)。
ここの先生は柔道関係の整体士さんらしいんで、武道つながりで『しっぷうどとう』は分かる気がしますが・・・。この選書センスが謎(笑)。

つか!!
柔道関係なら何故『帯をギュっとね!』を置かないんだ~!!
『帯ギュ』は名作なのです。誰にでも自信を持ってお薦めできる逸品なのです。「海老塚桜子」に栄光あれ!流行のエビちゃんなんかメじゃないぜ☆
未だ読んだことのない方はゼヒゼヒ読んで欲しい。もちろん一気読みを推奨します!


【本】文学賞メッタ斬り!リターンズ


文学賞メッタ斬り!リターンズ
大森 望著 / 豊崎 由美著
パルコ (2006.8)
ISBN : 4891947411
価格 : ¥1,680


あの『文学賞メッタ斬り!』が帰ってきたよ!
タイトルもそのまま『文学賞メッタ斬り!リターンズ』!
といっても現物はまだ見ていません(^^;)
今日のbk1ランキングの1位だったのを見て、慌てて記事upしたもので。

前作は大森望と豊崎由美の軽い文体、鋭い舌鋒がとても楽しい一冊でした。
こんども斬って斬って斬りまくりなのかなー?この人たち、芥川だろうが、直木だろうが容赦ないからなぁ。ま、その辺がなんとも楽しいのですが(笑)。
個人的には泉鏡花文学賞を受賞した『楽園の鳥』(寮美智子)を紹介しているのかどうかに興味あり。何かの本ではトヨザキさんは絶賛してたけど、オーモリさんはどうなのかが知りたいです。

うー早く読みた~い!

【サッカー】第18節


[第18節] ジェフ千葉 3-4 FC東京

060820_1846~01.jpg
実は見に行ってました、昨日の試合。
ウチからフクアリまで、2時間半以上。
もはや旅だ旅、小旅行だ。新幹線なら京都に着くぞ(^^;)。
しかし長旅もなんのその。アウェイゲームで勝ってくれたので、心も軽く帰宅いたしました。体は疲れてたいそう重かったけど(笑)

FCは監督交代後の初戦だったので(バイバイガーロさん)どんなもんかと思っていましたが、FCらしさが戻ってきててすごい嬉しかった。とはいえ開始5~6分で2-0になった時には、この間の「4-0で負けた浦和戦の悪夢再びか!?」を戦々恐々としたのですが(^^;)。
2-0の状態から2-2の同点、2-3で逆転、3-3で再同点、最終的に3-4で嬉しい逆転勝ちと大変に目まぐるしい点の取り合いでした。
正直、今のジェフに勝てるとは思っていなかったのですけどね。だって日本代表に4人も選ばれてるし。
でもハーフタイムで指示されたという「あきらめずに走る」事を続けた成果がこの逆転勝利というのは、すごく嬉しいです。石川ナオも得点したし!もー席から飛び上がって大喜びしちゃいました~(笑)。この調子で、後半戦は少しでもいい結果を残していって欲しいです。
060820_1941~01.jpg

ナオと巻くん。
全然気が付かなかったけど、18番同士だったんだよねー。
シャッターチャンスを逃しちゃってますが、二人並んで水分補給してました。


ジェフもホントは大好きなチームなんですけどねー。相手がFCでさえなければもちろんジェフを応援したさ!
昨日の試合では巻くんは今ひとつでしたが、羽生がスゴかった!空いたスペースにいつの間にかいる、フリーでサイドを駆け上がっている、などなど縦横無尽の働きぶり。敵ながらアッパレ。ああ、ホントにこの人は「フォア・ザ・チーム」の人なんですね。たいそう好きになりました(^^)。

060820_1955~02.jpg


ハーフタイムに打ち上げられた花火。
そういえば、今年初めてみた花火だった。

【マンガ】2006-08月発売チェック


08/04  NARUTO─ナルト─・34/岸本斉史(集英社)
08/05  英会話スクールウォーズ・2(完)/マツモトトモ(白泉社)
08/05  夏目友人帳・2/緑川ゆき(白泉社)
08/10  便利屋稼業・完全版/高野宮子(ジャイブ)
08/10  イレブンソウル・1/戸土野正内郎(マッグガーデン)
08/11  からくりサーカス・43(完)/藤田和日郎(小学館)
08/11  キス&ネバークライ・1/小川彌生(講談社)
08/中  美しき獣たち/今市子(朝日ソノラマ)
08/中  故郷は緑・1/吉川うたた(朝日ソノラマ)
08/19  すっくと狐・2/吉川うたた(ぶんか社)
08/22  陽だまりのピニュ・2/こがわみさき(スクウェア・エニックス)
08/23  BAROQUE・1/小川彌生(講談社)
08/24  Dark Seed―ダークシード―・1/紺野キタ(幻冬舎)
08/28  のだめカンタービレSlection CD Book・vol.2/二ノ宮知子(講談社)


全部買うわけじゃないですが。

「英会話スクールウォーズ」の1巻、割りと面白かったのに2巻で終わっちゃったのね。残念。
「夏目友人帳」は既に購入済。ちゃんと2巻がでた!よかった(涙)!
「からくりサーカス」は最終章に入ってから5~6年経ってとうとう完結。しろがねとマサルと鳴海はちゃんと幸せになったかなぁ・・・。
小川彌生はの「キス&ネバークライ」の方はフィギュアスケートのお話らしいのでちょっと気になる。
「すっくと狐」の2巻もやっと発売。正直1巻で打ち止めかと思ってた(^^;)

「のだめ」は月9でドラマ化だそうで。月9かよ~!好みとしてはテレ朝の金曜11時代のドラマ枠とかがよかったんだけど。
玉木宏の千秋さまには納得がいかないんだけどなぁ。だって下町のニィちゃん顔なんだもん。それらしく見えるようにスタイリストさんに頑張ってもらいたいです。
上野樹里ののだめはまあいいかな。可愛いワンピをたくさん着せて欲しい。
あと瑛太が峰くんらしいって話ですが、こっちは期待大。はじけてポエマー!!
ハリセンは誰がやるのかなー?希望としては長谷川初範なんですが。ほら名前もショパン(初範)で音楽関係だし(笑)。
とはいえ、ドラマのみならずアニメ化もされるとか。そっちの方が実は楽しみだったりして(笑)。


〔参考サイト〕
太洋社 コミック発売一覧

【サッカー】もえもえジャパン!


<アジア杯予選>
日本 2-0 イエメン


オシムジャパンの公式戦初試合です。
今回は好きな選手が大量選出されていたので、こっちのモチベーションも高い高い(笑)
内容自体は「はぁーなんとか勝ちましたー」的でしたが、ジーコと違いオシムは膠着状態にちゃんとテコ入れして試合を動かそうとする監督さんであったので、それほどストレスもたまりませんでしたね。ってかそれって監督として最低限の仕事じゃないかジーコよ。

ゴールしたのも阿部勇樹と佐藤寿人で大好き選手だし、途中出場の羽生も動いて引っかきまわして小気味良かった。まあ全体的に見れば、まだまだまだまだオシムイズムを体現できているとは言えませんが、この先がホントに楽しみな日本代表です。佐藤家の双子もとうとう代表の同じピッチに立ったしね!
萌え~、じゃない燃え燃えジャパンです!

しかしコーチの反町さん。今日は代表ポロ着てましたが、あの人はスーツを脱ぐとホントにオーラが消えますねー。そこがまたいいんだけど(笑)。

ゲーム外では、NHK-BSでヒロミちゃん*が解説していて、それだけで結構満足。
素敵発言していたので、いくつかご紹介しときましょう。
(*原博美:元FC東京監督)

--前半、実況アナから「(日本代表の内容は)どうですか?」
「まだあんまり走ってないですね。前と同じです。
言った!言い切った!前ってじーこのことだよね!はい拍手~!

--前半、実況アナから「(日本代表の内容は)どうですか?」(2回目)
「前半ですか?良くないですね!!(歯切れよく)」
バッサリ!生放送で日本代表にこんなにハッキリとしたダメ出し発言は初めて聞いた。漢らしい~!

--ハーフタイム中のオシムのインタビュー内で「『水』を運ぶ選手がいるのはいいチーム」との発言を受けて
「いっぱい水こぼしてますねー」
もう笑うしかない。

すばらしきヒロミ劇場。
好きだ、大好きだヒロミ~!

暑中お見舞いもうしあげます


毎日お暑うございます。
本日東京は朝っぱらから停電騒ぎがあったりして大混乱でしたが、私は休日だったのでのんびりぐったり過ごしておりました。みなさまのお住まいの地域は大丈夫でしたか?

当ブログは宣言通り、更新絶賛怠り中。
まあネタはないことはないのです。

1)オシムジャパン : アテネっこ花盛りでウハウハ
2)『のだめカンタービレ』衝撃のドラマ化 : 千秋さまが玉木宏だなんて・・・っ(泣)!!
3)読書ネタ : 読んでないけどチェックだけならそれこそ山のように
4)マンガ8月発売チェック分 : もう8月も中旬です
5)ひさびさRPGをクリア : しかも2本も
6)『精霊の守り人』アニメ化 : どうやらGONZO製作らしい?←訂正:Production IGでした。『甲殻機動隊』のとこですね。

一度サボりグセがつくとなかなかPCに向かうのも億劫になってしまってダメですね。
しかし、更新停滞宣言にも関わらず見に来てくれている奇特な方もいらっしゃって、平身低頭でございます。
いやホント、週1で見に来てもらう位でかまわないんですけど・・・。
今週中にマンガ発売チェック記事くらいはUPします。多分『のだめ』話題も絡めてになるかなー。

【サッカー】ひさしぶり~


ひさしぶりの更新になってしまいました。
別に体調崩していたわけではなく、ただ単に毎日暑くてPCを立ち上げるのも億劫でとろけていた為です。見に来ていただいていた方、スイマセン。
まだ当分の間、更新ペースは落ちたままだと思いますので見に来るのは1週間に1度くらいでいいですよー。

060809_1912~01.jpg

こっちもお久しぶりのサッカーA代表観戦。
オシムジャパンの初陣を見に行ってきました。
まだまだ頑張らないといけないとは思いますが、オシムの目指す「走りながら考えるサッカー」の片鱗は見えた・・かな?
まあ、今回の代表選手にはアテネオリンピック世代が大量に選ばれていて、アテネ世代に燃えた私としてはもうそれだけでウキウキなのです(笑)。

今日は小林大悟と佐藤寿人がよかったかな。
あと燃費がよすぎる田中隼磨(笑)。隼磨はフィニッシュをもっとがんばりましょう。

本当にものスゴイ久しぶりに、A代表戦を心から楽しみました。


うーん、なんだか文章構成の勘がもどってないなー。
たどたどしくってスイマセン。

【おでかけ日記】若冲と江戸絵画


『若冲と江戸絵画』

今日はアカデミックに東京国立博物館へ。『若冲と江戸絵画』展を見に行ってきました。
チケット買って行こうかなと思っていたところに、ラッキーなことに無料の招待券を頂いたのでした。わーい。

しかしさすが夏休み中とあって、もの凄い混みよう。こんな混雑は『ミュシャ展』以来だ。でもがんばって全ての展示物をかぶりつきで見てきましたよ(笑)。

今回の展覧会の目玉はやはり伊藤若冲の「鳥獣花木図屏風」。六曲一双、右隻に動物、左隻に鳥の、カラフルでまるで楽園図とも思えるような一対の屏風ですが、この描き方が凄かった。すべての画面を1.5センチ(!)ぐらいの桝目に区切って、その一つ一つの枡を塗り分けることによって、大きな画面を作り出しているのです。初めて画集で見た時、まるでタイル絵みたいと思ったのですが現物を間近でみてもやっぱりタイル絵みたいだった。色の集合体を以って全体の画像を表現するというところに、なんだかスーラの点描画法に近いものを感じます。なんだってこんな面倒くさい描き方をしようと思ってんですかねー。
かと思えば、ものすごい簡略化した線で鶴を描いた「鶴図屏風」なんかもあるし。若冲は不思議な人です。

若冲以外にも展示されている作品もたくさんありましたが、思いがけず気に入ったのは鈴木守一の「秋草図」。掛軸でしたが、通常の画面をはみ出して表装部分となるところにまで秋草が生い茂っているように描かれた、一種のトリックアート的な作品でした。これのポストカードが売っていれば迷わず買ったのに、売っていなかった。残念。

あとは有名な長沢魯雪の「白象黒牛図屏風」。牛の前のワンコはやはり可愛かった、アホっぽくて(笑)。

若冲に限らず展示されている作品全てに感じたことなのですが、どの絵も線に迷いが全くないことに密かに感動していました。
自分がカリグラフィーを習っているせいか、その点にものすごく目が行ってしまった。描く線に自信がないと本当にすぐにそれが線に現れるのですよね、フニョっと曲がったりとか、その気がないのにウネウネしたりとか。江戸の天才画家たちと自分を比べるなんておこがましいですが、やっぱりこの人たちもこの線が出せるまで何度も練習したのかなーと、ちょっと思いました。

西洋美術とは違う、日本美術。
キャンバスを色で埋め尽くす西洋絵画と、空白の空間を生かす日本絵画。
どちらも双方のいいところはあるけれど、今日はジャパニーズアートにどっぷりと浸かった一日になりました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事+コメント

Twitter

neghino

カテゴリー

読みました

atomの最近読んだ本

読んでます

atomの今読んでる本

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ねぎ

QRコード

QRコード