FC2ブログ

2006-11

ブラームスでどうだ!


最近クラシックづいているので、通ぶって聴き比べなんかをしてみる。
お題は『ブラームス交響曲第1番』です。

ブラームス:交響曲第一番/第二番 <DVD>
ブラームス:交響曲第一番/第二番

朝比奈隆、大阪フィルハーモニー交響楽団 他 (2001/11/29)
キングレコード

心地良かった。
他と聴き比べてみると、緻密に構成された指揮だったのではと思わせられます。いや全然詳しくないんですが。
朝比奈先生はチェリビダッケとは対照的に(→11/09の記事参照)、とてもストイック。
そしておじいちゃんなのになぜか色っぽい(笑)。とてもかっこ良いです。第4楽章のクライマックスの辺りなどは見ていてゾクゾクきました。


ブラームス:交響曲第1番/ドヴォルザーク:序曲「オテロ」■アシュケナージ/クリーヴランドo.<CD>
ブラームス:交響曲第1番/ドヴォルザーク:序曲「オテロ」

ヴラディーミル・アシュケナージ、クリーヴランドo 他 (1993/04/25)
ユニバーサルミュージック

テンポ早っ!
朝比奈版を聴き慣れてから聴いたので、バタバタした印象でした。


ブラームス:交響曲第1番<CD>
ブラームス:交響曲第1番

シャイー(リッカルド) (2003/06/25)
ユニバーサルクラシック


録音のせいなのか、ティンパニーの音がすごく大きく聴こえます。もしかして真澄ちゃん、いた!?(←のだめネタ 笑)
ま、これはこれで悪くなかったです。でもちょっと音にエコーかかり気味なのが気になるといえば気になる。
印象としては、なんというか“ろまんていっく”な感じ。
シャイーさんはイタリア人なのですね。ロマンティックはラテンの血の宿命か、アデオス(艶男)よ。
と、最後はNIKITAネタで落としてみました(笑)。


結局こんなでスミマセン・・・。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事+コメント

Twitter

neghino

カテゴリー

読みました

atomの最近読んだ本

読んでます

atomの今読んでる本

月別アーカイブ

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ねぎ

QRコード

QRコード