2007-03

【マンガ】2007-04月発売チェック分


・・・生きてます。
年度代わりで仕事に忙殺されてます。
休みの日に出勤なんてことはありませんが、出勤の日は精神的に割りといっぱいいっぱい。その分休みの日はダラダラ過ごしてエネルギー補給。しかし次の出勤で、またそのエネルギーを使い果たします。なのでなかなかブログを更新する意欲が・・・。
すんませんすんません。
5月中旬くらいまでは落ち着かないと思うので、当分は更新停滞します。
10日に1回くらいですかね?

とりあえず、いつものマンガチェックだけは以下に。


04/04  NARUTO ナルト・37 / 岸本斉史(集英社)
04/16  12の月のめぐる間に・1 / 吉川うたた(秋田書店)
04/17  エリアの騎士・5 / 月山可也(講談社)
04/18  辺境警備・1(文庫) / 紫堂恭子(集英社)
04/18  辺境警備・2(文庫) / 紫堂恭子(集英社)
04/19  カラクリオデット・3 / 鈴木ジュリエッタ(白泉社)
04/19  ゴールデン・デイズ・5 / 高尾滋(白泉社)
04/24  Dark Seed・2 / 紺野キタ(幻冬舎)
04/25  あまつき・5 / 高山しのぶ(一迅社)
04/25  盗賊の水さし / 今市子(集英社)
04/26  犬ガンダム・宇宙編  アンソロジー(角川書店)
04/26  トニーたけざきのガンダム漫画・ 2 / トニーたけざき(角川書店)
04/27  ゴーストハント・10 / いなだ詩穂(講談社)
04/27  しゃべれども しゃべれども / 勝田文(白泉社)
04/27  デトロイト・メタル・シティ・3 / 若杉公徳(白泉社)


全部買うわけじゃないですが。

4月はトニたけ!それを支えにして生きていくよ。
あと『時かけ』DVDね!


〔参考サイト〕
太洋社 コミック発売一覧

スポンサーサイト

【サッカー】代表戦




昨日の日本×ペルー戦、見に行ってました。


友人が取ってくれた席は前から8列目と非常にピッチに近かったけど、今回の選出メンバーは私の好みからはちと外れちゃったんで残念でした。だってF東京からは一人も選ばれてないしー。
さすがのシュンタン効果か、昨日は日産スタジアム6万人でぎっしりでした。去年10月の日本×ガーナ戦の観客数は4万超ぐらいだったのに・・・。

まー確かにシュンスケはすごかったよ。ハマのファンタジスタは健在だよ。でもさー2010年のことを考えるなら、若手の選手を軸にしていくべきだと思っているので。だってその頃シュンは31歳?だよね。今でさえスタミナ少ないのに、3年後はもっと不安・・・。

えっと、ゲーム内容はどうだったんだろう。ピッチに近い低い席だったからその辺の見極めは出来なかった。しかも前の席のおニィちゃん、背が高い上に髪の毛のパーマで嵩が高くなっていて、時々視界がくるくるパーマに占領されるっ・・・(画像下部分の黒い半円がそれです)。

とりあえず勝ったし、アジアカップに向けてのいい調整にはなったのかな。

3/28にはオリンピック代表の2次予選もあります。
国立競技場での試合だから、体調が良ければ行きたいんだけどなー。昨日の日スタは吹き降ろしの風がビュウビュウ吹いて、その中での観戦だったので風邪をひいたかもしれない・・・。

地球へ・・・


次の土6アニメ。
なんと 『 地 球 へ ・ ・ ・ 』 だって!!

ぎゃーす!!
竹宮恵子の原作マンガ、本当に好きだった!何度読み返したことか!
大昔に映画になったアニメは見たけど、大味で改変されてて消化不良に思っていたんですよー!
だってあれ、トォニィがジョミーの子供になってたよ!ありえない!

全何話でやるのか知らないですが、原作も充分ボリュームのある話だったし、ラストのキース(←間違えた)大マザーとジョミーの死闘まできっちり描いて欲しいです。

ソルジャー・ブルー、すごい好きだったんだよ・・・。懐かしいなあ。
今はジョミーの哀しさとか孤独なところにすごく惹かれますが。
うーん、久しぶりに原作読みたくなったぞ。
でも、何故今コレを選んだんだろうね?

ガンプラなはなし



「足なんてただの飾りです!偉い人にはそれがわからんのです!」

と言っていたのはジオンの名もなきメカニックでした。
彼はこれを見たらなんて言うのか・・・

    ↓
    ↓
    ↓

MG 1/100 パーフェクトジオング MSN-02
MG 1/100 パーフェクトジオング MSN-02


バンダイ
この商品の詳細を見る


たまたま見たガンプラ大全みたいな本で見かけて、こんなのが売ってると知ったのですが。

足 付 い て ん じ ゃ ん !!

うーん、ぶっちゃけ言うと・・・ビ ミ ョ ー ?
だってふくらはぎ太すぎです。
「足なんてただの飾りです!」
メカニックの人、キミ正解だと思う。
足が付いちゃうとスカートがまるでちょうちんブルマーのようです・・・(笑)


やっぱりどっちかといえば、コッチ↓の方がしっくり来るよね。

MG 1/100 ジオング MSN-02
MG 1/100 ジオング MSN-02


バンダイ
この商品の詳細を見る

きた!


この買物、一遍の悔いなし。
・・・ラオウかよ(笑)

時をかける少女 限定版
時をかける少女 限定版

筒井康隆、 他 (2007/04/20)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


でも限定版は¥10,500だって。
どうしようかなぁ・・・。
いや通常版か限定版かまだ決めてないだけ。
どっちにしろ買うけどね。

【マンガ】予想外


2/12に記事にした『百鬼夜行抄』のドラマですが結局3回目も見逃し、先日やっと4回目を見ました。

律はまあまあかな。司はイメージよりだいぶアクティブ。今回お父さんはあんまり動いてなかったのでなんともいえないけど、悪くなかったです。

お話の作りは可もなく不可もなくといったところかなー。微妙に露光過多にしている画面作りは作品に合っていると思いましたが、良くも悪くもあんまり冒険をしていない感じでした。

でも予想外だったのは尾白尾黒。
ま さ か 着 ぐ る み で 来 る と は !!

初めて見たとき我が眼を疑った・・・。
あれは烏天狗バージョンだったからなのか?普通の鳥型の時はどうしてるんだろうか。
謎は深まるばかり・・・。

【おでかけ日記】ひらけ、そら!



半券


東京オペラシティ内、ICCで開催中の『Open Sky2.0』を見に行ってきました。


『Open Sky』はアーティスト八谷和彦氏による「個人の制作による,実際に乗れる一人乗り飛行装置(パーソナル・ジェット・グライダー)を実現することを最終目標に現在も進行中(公式サイトの紹介文より引用)」のプロジェクトで、今回の展覧会はその資料や実際に制作された機体を見ることができます。
まあもっと簡単に言ってしまうと、『風の谷のナウシカ』のメーヴェを実際に作っちゃった人が、その機体を見せてくれる展覧会だということです。

そんなのもちろん見たいに決まってる!

そんな訳でいそいそと出かけて参りました。


もともと発明型アーティストというだけあって、ただ機体を展示しているだけではなく現代アートの趣きがありました。
主な展示品は模型・実機を含め飛行機体が4機、その他飛行テストの写真の展示や体験型作品もあり、思いがけずとても楽しめました。
展示されている機体のデザインコンセプトはメーヴェのようですが、大元のジブリ公認でやっているプロジェクトではないので、機体名は「M-01」「M-02」等になっています。あくまでも「飛ぶため」のデザインになっており、流石に原型そのままの形ではありませんでした。でも一目で「メーヴェ!」と思う位には形状は似ています。
実際に乗って飛ぶ機体は想像よりかなり大きかったですが、その大きさに反して重量は約80kgとかなり軽量でした。浮力のためでしょうかね?そして搭乗者は装備込みで60kgじゃないとダメだそうです。この体重制限、男の人には厳しいですねー(笑)。

飛行テストの写真は開放感でいっぱい。
一人で空を飛ぶための手段はいくつかありますが、ハンググライダーにしてもスカイダイビングにしても、自分の体の上に揚力を保つための覆いがあります。でもこのM型は羽根の上うつ伏せで乗っかるタイプ。背中に背負うのは空だけ!というのが、この開放感につながっているのかしら?

会場正面の壁に飾られた写真群は、その高さがまちまちに飾られています。それは写っている地平線の高さを一本の線上に並べていたためでした。こういう辺りにアーティストらしさを感じます。

一緒に展示されていた他アーティストさんの作品≪空をひらく呪文≫は参加型作品。二つ並んだ壺の中に左右の手を一本ずつ突っ込んで中から石を拾う。その石に書かれている言葉が「今日のお言葉」なら実機サイズのフライトシュミレーターを体験できるというものでした。
もちろん挑戦。残念ながら「今日のお言葉」ではありませんでした。風の又三郎みたいなお姉さんが当たりなら「開いてます」、ハズレなら「閉じています」とお告げを下さいます。
ちなみに私の引いたお言葉は
 左手 : 無重力の経験が
 右手 : つらい過去を忘れさせる


開放感と大人が全力で好きなことを楽しんでいるワクワク感が感じられて、思っていた以上に楽しい展覧会でした。
なんとチケットの半券を持っていけば会期中もう一度見ることが出来るそうなので、もしかしたらまた行ってしまうかも。今度はオーディオガイドも使いたいなぁ。
メーヴェが好きな人もそうでない人も、新宿近辺で時間が余ったらぜひ行ってみて下さい。


そういえば、『ガンダム展』では「ニュータイプテクノロジーラボ」で参加していた八谷さん。今度はコアファイターを実際に作ってみるというのはどうでしょうか。ぜひとも!(ガンダム展の感想記事はコチラからどうぞ)



公式ガイドブックはこちら↓
八谷和彦オープンスカイ2.0
八谷 和彦〔著〕
NTT出版 (2007.2)
ISBN : 4757170351
価格 : ¥2,100

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事+コメント

Twitter

neghino

カテゴリー

読みました

atomの最近読んだ本

読んでます

atomの今読んでる本

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ねぎ

QRコード

QRコード