FC2ブログ

2009-06

芸の道は遠く険しい


仏果を得ず
仏果を得ず

(2007/11)
三浦 しをん

商品詳細を見る



金原瑞人『翻訳のさじかげん』で三浦しをんと古典芸能対談をしていた時にこの本が話題に出ていて、それがきっかけで読んでみました。
思いがけず(失礼)大変面白かった。一日で一気に読み終えてしまいました。
文楽の世界が舞台になってますが、『タイガーアンドドラゴン』のように主人公のドラマと演目がオーバーラップしたストーリー仕立てで、とっつきにくい古典芸能の世界にもスルっと招待してくれます。この辺は作者の筆の力量と文楽への愛のおかげなのかな。そこかしこに挿入される義太夫の語りも七五調でいいリズムとなっています。
通夜の席で義太夫を語る「ひらかな盛衰記」の章がお話に起伏があって、ここから一気に物語に引き込まれました。

各人物もとても個性的。やっぱり兎一兄さんは女性の目から見るとかっこよく思えそうです。でも一番は銀太夫。可愛いです、おじいちゃんだけど。可愛いです、人間国宝だけど。

今まで文楽には全く興味がありませんでしたが、見に行ってみたくなりました。



スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事+コメント

Twitter

neghino

カテゴリー

読みました

atomの最近読んだ本

読んでます

atomの今読んでる本

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ねぎ

QRコード

QRコード