2010-05

舞台『ムサシ』


井上ひさし脚本、蜷川幸雄演出の舞台『ムサシ』を見て来ました。
藤原竜也をナマで見たいというのが目的です。以前上演した時もチケ取り参戦したんだけど、その時はチケ争奪戦に敗退。今回は友達ががんばって取ってくれました。

タイトルから分かる通り宮本武蔵が題材。巌流島での決闘から6年後の武蔵と小次郎のお話でした。
もっとシリアスな展開なのかと思いきや、たくさん笑えるところもあり、たくさん仕掛けられた伏線が最後に綺麗に集約されていて、みていて爽やかな快感を味わうことが出来ました。オチを知った上で、改めてもう一度見てみたいと思わせる舞台です。

見る前によしだこーたろーさんとはしもとじゅんさんの声がソックリ、と友達から聞いていたのでその点も楽しみにしていたのですが、正しく瓜二つな声であった!ビックリだ!
よしださんの今回の役どころもがょっとトボけた味わいがあったので、よけいに楽しめました。
ぜひとも中島かずきとかクドカンの脚本で、よしださんとじゅんさんの兄弟話とかが見てみたい!次回ゲキシネ見に行った時にでもアンケートにそう書いておこうと思いました(笑)。
あー黙阿弥オペラも見たくなっちゃったよー。



スポンサーサイト

日本×イングランド


久しぶりに代表戦を90分全部見たのに、なんというがっかりクオリティ。
オウンで2失点て・・・。
それでも噂に聞く韓国戦よりはマシだったのか?

でも勇樹がいい働きをしていたのが嬉しかったです。
本戦でもスタメンでお願いします。
川島くんもちょう頑張ってたね。しかしイングランド人のボールは防げても、日本人のボールは防げなかったという・・・。イタイ話だ。

来月は4年ぶりにW杯祭カテを更新しますよ(笑)



ONE PIECE!


ONE PIECE 44 (ジャンプ・コミックス)
ONE PIECE 44 (ジャンプ・コミックス)

(2006/12/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る

久々にツ●ヤに寄ったら、普段は飛び飛びにしか在庫のない『ワンピース』がめずらしく揃っていたんでコミックス一気借り。途中から買うのをやめてしまって以降、続きを読んでいなかったのです。とりあえずCP9編完結の44巻まで9冊くらい借りてみた。そしてもちろん一気読み(笑)。
ニコってばあんなに頭いいのに、そんな簡単にダマされたらダメだよー!
あー泣かすー泣かされたー。
特に41、44巻はヤバいです。
あとゾロはいつでもかっこいい。
そしてルフィはオットコ前。
何やらジャンプ連載の展開が非常に盛り上がっているらしいので、早いとこ続きを読んで追いつきたいです。しかし、いっつも貸し出し中なんだよねー。


青の祓魔師 1 (ジャンプコミックス)
青の祓魔師 1 (ジャンプコミックス)

(2009/08/04)
加藤 和恵

商品詳細を見る

一緒に加藤和恵『青の祓魔師』も2巻まで借りてみた。
ハリポタをジャンプ文法で再構築するとこんな感じ?
月刊誌連載らしいので1話にボリュームがあって読み応えあり。きっちり作ってるなーって印象です。なにより絵が非常に好みなのよね(笑)。
以前講談社系で描いてなかったか?その時よりかなりジャンプマンガっぽくなっている気がします。




薄桜鬼?


ケータイ捜査官7の主演だったくぼたくんが薄桜鬼の舞台に出る!
でも薄桜鬼って何ぞや?
教えてグーグル先生!
 ・
 ・
 ・
なるほど幕末恋愛SLG的なゲームの舞台化でした。
くぼたくん沖田総司って・・・だいじょぶ?剣術の天才だってよ、目元涼やかなイケメンキャラだったよ。おばちゃん心配。いや君は出来る子だけども!知ってるけども!
土方さんは早乙女太一くんなのかー。新感線の蛮幽鬼でナマたいちくん見たけど、舞台の上でのオーラがすごかった。光っていた。特に殺陣の美しさといったら、かみかわたかやも霞むほど。・・・がんばるんだ、くぼたくんがんばるんだ。いやきっともうがんばっているはず。くぼたくんは上背があるから、舞台映えするとおばちゃんは思います。
カゲロウ峠に出ていた木村了も出るらしいので、この三人が出るなら見に行こうかなー。
イープラスにキーワード登録しておこう。



スカイツリーの最上階はどこに通じるのか?



聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)
聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)

(2010/05/24)
中村 光

商品詳細を見る

面白かったんだが。
大いに笑ったんだが。
今回は弟子’sが大挙してご出演なので、少々とっ散らかってる感じ。
私は押しの強い(強すぎる)梵天さんが好きです。
あと、若かりしころのブッダのイケメンぶりに驚愕した。アナンダくんのライバルは意外にもその師匠でなのあった。


ゆうまくんのまいにち (BLADE COMICS)
ゆうまくんのまいにち (BLADE COMICS)

(2010/04/10)
鈴木有布子

商品詳細を見る

久々に買った鈴木有布子。
いつもストーリーの中に現実的な問題をはらんでいるものの、この人のマンガは読み終わると不思議にほっこりさせてくれます。
有能すぎるゆうまくんの将来が楽しみです。



アメイジング徳川


根津美術館へ国宝燕子花図屏風を見に行ってきました。
屏風だけだったら悩むところだけど、一緒に酒井抱一の掛け軸が見られるというのでそれに釣られました。
覚悟はしていたけど混んでた~!
かきつばたの屏風の前は黒山の人だかり。
左隻の花の配置にリズム感があって好きです。
人波の隙間からではありましたが、群青、緑青、金の美のコラボを堪能してきました。

抱一は、もう見た瞬間胸がキュン!となりました。
絵の外側の表装にひっそりと刺繍(多分)が刺してある!
こういうちょっとしたところに仕掛けしてあるのが大好き。
美は細部に宿る、ですな。

他は世界一の収集を誇るという古代中国の青銅器コレクションを鑑賞。
なかでも二匹の羊をおしりでくっつけたような形の器が超キュート!この器(「双羊尊」そうようそん)は美術館の入場チケットのアイコンにもなっていました。
あと饕餮(とうてつ)がいっぱいいた!たすけて泰麒!(笑)
『十二国記』の影響で饕餮といったらものすごいおどろおどろしいイメージがあったけど、ここのは愛嬌のある顔をしたとうてつ君たちでした。

100520_2026~0001

キュートな入場チケット。



あんまりにも根津美術館が混んでいて落ち着かなかったので、まだ行ったことがなかった三の丸尚蔵館に足を伸ばしました。
思っていた以上に小さかった(笑)。でも無料ですから!
川端龍子の屏風『南山三白』が上品で素敵でした。
展示のパネルでは作品が皇室に献上された経緯が説明されていましたが、大財閥のご当主が芸術家のパトロンになって当時で最高の作品を作らせたとか。今の時代、そういう剛毅な大人物はあらわれないものか。

100518_1455~0001

大手町駅からすぐの大手門。
ここの先、入ってすぐに尚蔵館。


三の丸尚蔵館のあとは、皇居の東御苑をブラブラ。っていっても今回初めて入りました。
しかしビックリした!
ここどこ?ホントに東京?
なんだあの広さ!
石垣のデカさ!エジプトか!
この広大な敷地に巨大な江戸城が建っていたのか改めてビックリした。
あなどっていたよ徳川の威光。

御苑内にはベイビーを連れたお母さんがお散歩に来ていたり、修学旅行生や外国人の観光客もちらほら。緑がキレイで風が気持ちいい。しばしベンチでボーっと休憩してきました。
今回は本丸跡まで行けなかったので、また今度ゆっくり散策しに行きたいです。

100518_1526~0002

巨大な石垣の向こうに近代ビル。
ミスマッチとはこのことか。




チャーリーと

チョコレート工場を見てます。
チャーリーがいい子過ぎるのがイマイチだけど、ウンパルンパの為に見てる。素敵すぎる。ウチにも5人くらい欲しいわ~。

潜入失敗


100510_1359~0002

ガンダムカフェ!の玄関!
トラック邪魔!

せっかく行ったのに、あまりの混雑振りにイートインは断念。まあ職場からなら30分で行けるし。
午後1時ぐらいに着いた時は20人くらいの行列だったのでちょっと時間をつぶして再トライしましたが、更に人が増えていたという。ガンダム人気侮るなかれ。
結局この日はショップだけ利用して来ました。
でもウェイトレスさんが連邦のピンクの制服であることは確認してきましたよ(笑)
白タイツでなく白のニーハイタイツだった。セクスィー☆

この日はW杯の代表選出発表がある日だったので、この場所でワンセグで生中継を見てました。

か わ ぐ ち !?

一緒に行った友人とユニゾンで叫んだわ。
おかちゃんご乱心。



和服和ガラス和三盆


年に数回ある着物を着てのおでかけイベント。
お友達とサントリー美術館に『和ガラス』の展覧会を見に行ってきました。

100506_1320~0001

展示品は江戸中期から幕末あたりまで。
日本で作られた当初の作品ははあまり精巧ではなく、歪んでいたり微妙にひしゃげていたり気泡が混在してたりしますが、それがまた味になっていて趣がありました。
しかし技術が身についてくればそこからは日本人のクラフト魂の本領発揮。そこはガラスで作らなくてもいいんじゃない?と思うようなところまで精緻に、そして美しく仕上げられた透明の美。たまらんねえ。
特に、本展覧会のアイコン的に使用されている藍色のガラスの「ちろり」が、繊細かつ優美、そしてどこか愛らしい逸品でした。

展覧会鑑賞の後はミッドタウン内をぶらぶらしていましたが、「とらや」で何やら和三盆糖のイベント展示があるらしいと知り、和三盆に目のない私ら二人はもちろん突撃。展示自体は店内に和三盆の製法を簡単に説明したパネルと器具が展示してあるぐらいでしたが、限定で阿波和三盆糖が販売されていたのでもちろん購入。ミルクティーとかに入れると幸せなおいしさになります。
イートインでは今シーズン初のかき氷を食べました。暑い日だったのでね、しかもお着物だったし。宇治にトッピングで練乳をプラス。大変おいしゅうございました。

100506_1519~0001

我が写真の腕前では、まるで苔玉のようだ・・・。


久々の着物だったので、足が大変疲れましたよ。
あと腰がいつも痛くなるんだが、あれ何とかならないものか・・・。
でもお出かけ自体はとても楽しかったです。


自分のためのコーディネート備忘録
白の小紋(ウール)
臙脂の二部式帯(竹の刺繍)
桐の二枚歯下駄





2010年山陰の旅


世間がGWに入る前に4連休だった今年の私。
「せっかく人様とズレた連休なんだからどっか行こう」と母にそそのかされ、以前から行ってみたかった出雲大社に母と二人旅して来ました。
直前まですっかり失念していたけど、あそこって縁結びで有名だったのよね。そんなつもりじゃなかったけど、まあそれでもいいかということにした(何を?)。
旅の目的は出雲大社とはいえ、それだけで2泊3日が埋まるほどの広大なお社ではない。なので松江を拠点に巡ってきました。

長くなっちゃったので、続きは追記に。





Read More »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事+コメント

Twitter

neghino

カテゴリー

読みました

atomの最近読んだ本

読んでます

atomの今読んでる本

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ねぎ

QRコード

QRコード