FC2ブログ

2019-12

【おでかけ日記】悪くはないのだけれど・・・


セピア色の世界。
地平の上に座し本を広げるアラブ風の少年。
その目の前には四肢を着く一頭の象。

そんな不思議な写真を雑誌で眼にしてからとても気になっていたグレゴリー・コルベール。世界を巡回している移動美術館・ノマディック美術館に『ashes and snow』展を見に行ってきました。

070518_2150~01.jpg←パンフレットです


070515_1504~01.jpg
『ashes and snow』展とは、「写真作品、映像、美術装置、手紙形式の小説が一体となったアートプロジェクト」(パンフレットより抜粋)です。
建物は貨物コンテナを積み上げて作られた仮設建築。外側から見るとまるで港の倉庫みたいですが(←の写真参照)、中に入ると一転。ヨーロッパの城か教会のような回廊が現れます。両側に太い柱が等間隔に並び、その柱の間に写真が展示され、そして回廊の突き当たりのスクリーンで映像作品が上映されていました。


写真一枚一枚にはもの凄い力強さがあるんです。動物と人間が一つの画面の中で生み出す調和と緊張、そして圧倒的な静けさ。その造形美にはとても感銘を受けます。しかし映像はそれに比べると今ひとつ弱い。どちらかというとヒーリングビデオ的な映像だったので、途中危うく寝そうに・・・(^^;)。
まあ、美術館自体がこの展覧会のために作られたものなので、世界観は完成されていて雰囲気を楽しむという点ではとても楽しめると思います。

ただ、場内のショップで売っている、コルベールさん作の写真に付けられた物語(テクスト)を読むと急に魅力が無くなって・・・。あ、いやいや。散文的なので、私のようにストーリー性を求める向きにはちょっと困惑するかも。
全体で見ると、写真と映像とテクストとで組み上げた総合芸術というか、インスタレーションというか。ただ、その中でも写真の完成度が突出しているので、アンバランスに感じたのでしょうかね。

楽しくなくはないんだけど、万人にオススメ!という物でもなく・・・。なんともグレーゾーンな感想で申し訳ない。

あと場内のミュージアムショップの品物の金額は結構高飛車でした。ポストカードが売っていたら欲しい写真が2枚ほどあったのに、ポスカは一枚も売ってないのでした。写真集は1冊4000円台だし。まあ、イタリア製で紙にこだわった本だったので、しょうがないといえばしょうがないのか?でも安価な本を作ってもいいんじゃない?という気もしないでもないのですが。
中でも高飛車KINGは豪華特別装丁の写真集。三分冊箱入りでお値段なんと 3 5 0 万 円 !!
軽くヒいた・・・。


そういえば。
映像作品を見ている最中、とても盛り上がったシーンで雷のような大音声が鳴り響き会場全体がドーンと揺れました。
「おおっ、すごい効果!お金かけてんなー!」
なんてのん気に思っていたのですが、後でそれは外で本当に雷が鳴っていたという事が判明。
当日、東京は不安定なお天気で「急な雷雨もあるかも」とNHKのアナウンサーも言っていたのに、すっかり忘れてノホホンと映像見てました。危機管理能力無さ過ぎです。ダメ人間め。
スポンサーサイト



● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atom20040703.blog11.fc2.com/tb.php/525-794f8b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【マンガ】2007-05月発売チェック分 «  | BLOG TOP |  » 【マンガ】拝み屋横丁顛末記・8/宮本福助

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事+コメント

Twitter

neghino

カテゴリー

読みました

atomの最近読んだ本

読んでます

atomの今読んでる本

月別アーカイブ

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ねぎ

QRコード

QRコード